【画像あり】安藤サクラと旦那・塚本佑との馴れ初めは?親・兄弟・親族は芸能一族?

安藤サクラさんといえば、2007年に父親が映画監督を務めていた「風の外側」で、体調を崩してクランクイン4日前に降板した木村文乃さんの代役として女優デビューしてから、様々な賞を受賞するほどの実力派女優としての地位を確立していますね。

最近では、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の、主演女優として20%を超える高視聴率を叩き出しました。

今回は、安藤サクラさんと旦那さんの馴れ初めや、旦那さんとは共演が多いようですが、どんな作品なのか、家族や親族がスゴイ人だということで、どんな人達なのか、気になる家族と旦那さんについて調べてみました。

【画像あり】安藤サクラと旦那・柄本佑との出会いや馴れ初めは?

 

安藤サクラさんと旦那の柄本佑さんは、2012年3月にお互い25歳で結婚しています。

 

安藤サクラさんは、柄本佑さんの弟・柄本時生さんと共演した映画が元で、2008年に行われた「あきた十文字映画祭」に向かう移動中に、時生さんから別の作品で参加していた兄を紹介されました。

 

その時は軽い挨拶をしていただけだったようですが、この時に柄本佑さんは安藤サクラさんに一目惚れしたそうで、「顔を見るより先に、声を聞いて、漠然とこの人と結婚するかもしれない」と思ったそうです。

 

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」で共演した後の打ち上げで猛プッシュ。交際にこぎつけます。その後、プロポーズして安藤サクラさんからはOKをもらったものの、安藤サクラさんの父親からは、結婚は3年待て」と言われてしまいます。

 

父親から見たら、恋の熱に浮かれただけだという風に映ったのかもしれませんね。しかし、きちんと3年の月日を経て、安藤サクラさんと柄本佑さんは結婚されました。

 

柄本佑さんは、安藤サクラさんに対する気持ちは本気だという事を証明したのですね。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑には子供(娘)がいる?

 

安藤サクラさんと柄本佑さんの間には、2017年に誕生した女の子がいます。

 

柄本佑さんが初めて第1子誕生を発表をした時は「内緒」だった性別や誕生日ですが、安藤サクラさんが出産後にイベントに出演された時に「女の子」である事を公表しました。

 

 

第1子の娘の誕生日については、安藤サクラさんがツイッターで2017年の夏至だとつぶやいています。2017年の夏至は6月21日でした。

 

安藤サクラさんと柄本佑さんの子供は2017年6月21日生まれの女の子が一人いるという事ですね。

 

安藤サクラが旦那・柄本佑と朝ドラで「共演」?

 

View this post on Instagram

 

✌️ #まんぷく#あさがきた

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿 –

 

安藤サクラさんと柄本佑さんの「ツーショット写真」が、安藤サクラさんのインスタで公開されています。

 

2015年に「まんぷく」の前に放送されていた、「あさが来た」でのワンシーンがテレビ画面に映っていますね。柄本佑さんは、ヒロインの義兄・惣兵衛役で出演していました。

 

安藤サクラさんと柄本佑さんは、夫婦で朝ドラのバトンリレーをしていたんですね。そして本当に夫婦が共演している作品は映画3本、CM1本があり、それぞれを見ていきましょう。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」で初共演!

 

安藤サクラさんと柄本佑さんが初共演したのは、2010年に公開された「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」でした。

 

松田翔太さん、高良健吾さん、安藤サクラさんの3人が主演のロードムービーです。この映画が二人の色んな意味での始まりだったのですね。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑は「今日子と修一の場合」で2度目の共演!

 

この映画は監督は奥田瑛二さんで、安藤サクラさんと柄本佑さんがW主演している上、母親の安藤和津さんもスタッフにいるという、家族全員で挑んだ映画になっています。

 

家族が全員そろって映画を作る機会なんて、そうある事ではありません。公開が2013年なので、2012年に結婚してから、すぐに撮影が始まったのではないかと思います。

 

ある意味、安藤サクラさんは親孝行が出来た作品ともいえるのかもしれません。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑は「追憶」で夫婦共演!

 

2017年5月6日に公開された岡田准一さん主演の映画、「追憶」。他にも小栗旬さんや長澤まさみさんなど豪華キャストが集まった事や、安藤サクラさんと柄本佑さんの夫婦共演で注目された映画です。

 

さらに、映画公開の2か月前に安藤サクラさんは妊娠を発表していて、この映画のあらすじと相まって、さらに話題になりました

 

安藤サクラと旦那・柄本佑はCMでも共演!

 

安藤サクラさんと、柄本佑さんがさりげなく夫婦共演しているCMが流れていました。

 

何とも言えない生活感と「点いた」「え?」のやり取りの雰囲気が、なんだかとてもイイと思います。普段の生活でもこんな感じで過ごされているのかなと思わせる演技ですね。

 

安藤サクラと旦那が夫婦で主演賞をW受賞!授賞式の様子は?

 

2018年に「 第92回キネマ旬報ベスト・テン」にて、「万引き家族」に出演した安藤サクラさんが「主演女優賞、「きみの鳥はうたえる」に出演した柄本佑さんが「主演男優賞」を受賞、なんと“夫婦W受賞となりました。

 

 どこか地に足がつかない様子だった安藤は「先にしゃべると思ってなかったから、何をしゃべっていいか分からなくなって…。でもこんなお祭り騒ぎは、もうないからいいやって!」と思わず感涙

それでも柄本にコメントの順番が回ろうとすると「こういうのはいいんです。男はドシッと構えていれば」と、ビシッと締めて会場を沸かせていた

引用元:ORICON NEWS

 

安藤サクラさんは感激で涙していましたが、柄本佑さんは男らしく胸を張って受賞されたようですね。お二人の作品に対する熱意が伝わったことで、W受賞に繋がったのではないでしょうか。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑は似てる?

 

安藤サクラさんと柄本佑さんが似てると話題になっているようです。そこで、ネット上の声を集めてみました。

 

 

やはり夫婦は、長年一緒に過ごすと似てくるんでしょうか。特に笑った顔がそっくりだと思います。おそらく、誕生した子供も両親によく似た女の子なのでしょうね。

 

安藤サクラと旦那・柄本佑の家系図がスゴイ!親・兄弟・親族が芸能一族!

 

安藤サクラさん、そして旦那の柄本佑さんの兄弟や親・親族は芸能一族です。

 

 

まず、安藤サクラさんの父親は、奥田瑛二さん。俳優だけでなく映画監督や声優で活躍していますね。母親は安藤和津さん。エッセイストで数々の著書があります。

 

 

姉は安藤モモ子さん。映画監督をしていて、監督賞や脚本賞も受賞している実力者です。

 

 

柄本佑さんの父親は柄本明さん。芸人と思わせて、実は劇団東京乾電池を結成された個性派俳優です。

 

 

母親は、NHKの朝ドラにも多数出演していた女優の角替和枝さん。残念ながら2018年10月27日にガンが原因でお亡くなりになりました。

 

弟は柄本時生さん。2003年に柄本佑さんの替わりに受けたオーディションで合格。芸能界デビューします

 

 

2016年にはNHKのBSプレミアムの連続テレビドラマ「初恋芸人」で主演を務めています

 

そして安藤サクラさんの母方の祖父には、元法務大臣・犬養健さん、曾祖父は元内閣総理大臣の犬養毅さんがいます。

 

芸能一族なだけでなく、歴史上の重要人物まで親族にいるというスゴイ家系なのです。これだけ有名な人が周りにいる安藤サクラさん。

 

このような家系では、当たり前に出てくる「親の七光り」(コネ)疑惑について考えてみます。

 

安藤サクラは親の七光り?父親と親子共演もあり?

 

安藤サクラさんと父親の安藤瑛二さんが、NHKの連続テレビドラマ「まんぷく」で親子共演をしています。

 

「親子で出るということは、私にとっても作品にとってもリスクはあると感じていました。というのは、私たちがそれぞれしっかり演じないと『親子』に見えてしまって、見ている方も物語に集中できなくなるのではないか」

引用元:ORICON NEWS

 

安藤サクラさんは、実の親子がドラマに出る事に一抹の不安があったようです。

 

非現実の中に現実が入ると、視聴者が純粋に作品を楽しめなくなるかもしれない、ということだと思うのですが、最終的に視聴率は20%を超えました。このキャスティングは逆に、視聴者の心をつかんだのではないでしょうか。

 

安藤サクラさんは芸能一家出身のため、親の七光りで様々な重要な役に抜擢されているのではないかとの疑惑もあるようですが、仮にそうだとしても、演技をするのは安藤サクラさん自身です。

 

 

安藤サクラさんの演技力と実力は、数々の賞を受賞していることや、何より視聴者の声がはっきりと示しています親の威光だけではこの評価は得る事は出来ないと思います。

 

事実、「まんぷく」は期間平均視聴率が21.4%、視聴者満足度も8割を超えました。これからも、安藤サクラさんと柄本佑さん夫婦には、テレビや映画にとどまらず幅広く活躍していってほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)