デヴィ夫人の子供は何人いるの?娘はカリナでその旦那は誰?孫がいる?

タレントとして存在感抜群のデヴィ夫人。デヴィ夫人はインドネシアの元大統領夫人であることは有名ですね。今回はデヴィ夫人の子供や孫について掘り下げてみました。

デヴィ夫人の子供や孫は何人?子供の年齢は?画像はある?

子供の前にデヴィ夫人の事を紹介しておきたいと思います。

2019年には79歳になるデヴィ夫人。本名は「ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ」で日本名(旧名)は「根本 七保子(ねもと なおこ)」と言います。

NPO法人アースエイドソサエティ総裁や株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役などもこなしています。

19歳のときに、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目で、スカルノ大統領のもとに送り込まれスカルノ大統領と出会うことになります。

インドネシアに渡って数年は愛人の1人であったものの、1962年(昭和37年)にスカルノ大統領と正式に結婚、4人の夫人のうちの第3夫人となりました。

デヴィ夫人には娘さんが一人、その娘さんの息子が一人ということで、子供一人、孫一人でした。ご自身のブログの最新記事でも「娘は一人、孫も一人」と書かれています。

デヴィ夫人は1962年にスカルノ大統領と結婚しますが、1970年にスカルノ大統領が死去。その後、スペイン人のフランシスコ・パエサという人とつきあったり、フランスの貴族、エルゼアル・ド・サブラン=ポントヴェス(サブラン公爵)と婚約もしますが破局し、結局誰とも再婚することはありませんでした。

デヴィ夫人は未亡人なのですね。誰とも再婚することがなかったという事は、それだけスカルノ大統領の事を愛していたのでしょうね。

さて、娘についてですが、1967年3月11日が娘の誕生日なので、2019年には51歳になります孫は2016年9月にテレビに出演した当時の年齢が10歳だったので、現在は12歳になりますね。孫の詳しい誕生日については分かりませんでした。

 

デヴィ夫人の子供の頃は極貧生活を送っていた?

デヴィ夫人も元々裕福というわけではなく、デヴィ夫人の生まれた家庭は多額の借金をしていました。

中学卒業後は、東京都立三田高等学校定時制部に進学すると同時に、150倍の難関を突破して千代田生命保険に入社するものの、昼休みや休日にも貧しい家計を維持するため、喫茶店などでのアルバイトを掛け持ちし続ける日々を送っていたそうです。

そして1956年に父が亡くなり、高校を中退してしまいます。それを機に赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働きはじめることになるのです。

このサパークラブの顧客は97%が富裕層の外国人でした。堪能な英語力と美貌を活かしてVIP客へ接客していたのですね。そして接客する中で英語力は向上し、人脈作りに励むデヴィ夫人は世界を目指して、様々なVIPからプロポーズを受ける中でスカルノ大統領を選んだのです。

私の人生は、シンデレラのようなものではない。幼いころに体験した戦争と貧困が、 どんな逆境でも生き抜く力を与えてくれた人の3倍勉強して、努力して、働いたおかげで今がある。」

とても派手で裕福なイメージがあるデヴィ夫人ですが、不遇の時代を超えてきたからこその今があるのですね。デヴィ夫人の言葉には重みがあります。

 

デヴィ夫人の娘はカリン・サリ・デヴィ・スカルノ。画像あり

デヴィ夫人の一人娘のお名前はカリナさん。正式名称は「Kartika Sari Dewi Soekarno. Kartika Sari」だそうで、スカルノ大統領の8番目の子供です。デヴィ夫人が25歳だった1967年3月11日に都内病院で出産されたそうです。日本で産んでいたんですね。

中東のエキゾチックな美しさを感じさせるこのカリナは、デヴィ夫人が髪をおろした若い頃の姿にそっくり。日本に帰国した27歳のデヴィは、娘を出産する。そして、すぐにフランスへと旅立った。

そのカリナはフランスのパリで育ち、日本でテレビのレポーターをしている。ニューヨークの広告代理店に転職し、2005年に結婚した。

デヴィ夫人と娘のカリナさんとは一時期確執があったようです。成長したカリナは、大学に通う為にボストンに住むが、デヴィ夫人はアメリカに移住したいと行動を起こす。これをカリナが嫌がり、音信不通状態に。

インドネシアの情勢は不安定であり、インドネシアで娘を育てることを不安に思い、娘をパリに残してきました。デヴィ夫人からすれば子供を思っての行動だったのですが、娘のカリナさんはその時に捨てられたと思ってしまったそうです。11歳の子供なので、そんな風に感じてしまうのも無理はないでしょう。

そこから一時期は不仲になってしまったと言われていますが、現在のところ、デヴィ夫人にとって孫にあたる息子・キラン君を出産したことで、母娘のわだかまわりは解消されていて、娘がパーティを開いてくれるようにまでなり、母娘の関係は修復されてきたという印象です。

生まれは日本、育ちはフランスなのですね。子供の頃の確執も今は解消されているようで二人とも幸せそうです。

 

デヴィ夫人の娘は日本語は話せる?学校はどこ?

デヴィ夫人の娘のカリンさんは日本生まれですが、日本語は話せるのでしょうか。

海外に住んでましたよ。どこだか忘れましたが、日本語は全く話せないみたいでした。

いくら生まれは日本とはいえ、フランスで幼少期から過ごせば日本語が話せるとは限りません。ハーフの人の悩みの一つが両親の言葉は普通に話せると勘違いされることらしいですよ。語学力は人それぞれだということですね。

学校という検索結果が出るのですが、娘のカリンさんがどこの学校に通っていたかは見つけられませんでした。

 

キラン君の父親でもある娘の旦那はどんな人?

若干ふくよかですが、カリナさんも母に負けず劣らず美しい人で、カリナさんは昔、ニューヨークのヴィヴィアン・ウェストウッドで働いていたそうで、38歳だった2005年にアメリカ大手金融機関シティバンクの欧州・中近東・アフリカ地区の最高経営責任者CEO(Chief Executive Officer)フレデリック・F・シーガス(Frits Frederik Seegers)さんと結婚しました。つまり多くの銀行をまとめ上げる指揮官ですね。

このフレデリック・シーガスさんという方はオランダ人だとのこと。現在は55歳くらいだと言います。このシティバンクの子会社のCEOというのはどれほどの年収なのかちょっと気になりますよね。

日本では銀行のトップの年収は日本で一番多い人で、静岡に拠点を置くスルガ銀行の岡野社長で1億9千200万円だそうです。

このスルガ銀行の岡野社長の場合には創業家出身ということで、年収もずば抜けて多くなっているとのことで、日本ではメガバンクの経営者でも驚くほど少ないのだとか。

一方でアメリカの大手銀行の場合には、トップの年収というのは驚くほど多くなります。シティバンクの本社のCEOの年収は2015年には約18億6450万円だったとのこと。子会社のCEOでも約18億円だといいます。

ということはカリナさんの旦那さんの年収もそれくらいあるのでしょうから、超絶エリートだと言うことがわかりますね!

想像出来ないくらいの仕事の出来る旦那さんのようです。年収もさることながら統率力が抜群に高い人なのでしょうね。

 

デヴィ夫人の孫はキラン。ターミネーターの役者に似てる?

カリナさんの息子、デヴィ夫人のお孫さんはキラン君。名前の「キラン」とはサンスクリット語で「光の輝き」という意味だそうです。カリナさんの旦那さんはアメリカ人の「フレデリック・F・シーガス」という人なので、キラン君の本名は「キラン・シーガス」ということになると思います。

このキラン君にデヴィ夫人はメロメロの溺愛なのだそうで、それもそのはずキラン君はびっくりするほどのイケメンなのです。カリナは息子のキランを産み、育てたが、2歳にしてしっかりとカメラを見据える顔が「イエズス・キリスト」のようだとデヴィ夫人は溺愛する。

アラン・ドロンのような顔に成長したキランは、フランス語からインドネシア語、オランダ語、英語が話せるイケメンに成長した。

この歳で6か国語を話すとは恐れ入ります。将来は超有望ですね。そんなキラン君ですが、ネット上ではターミネーターの子役であるエドワード・ファーロングに似ていると話題になっていました。

雰囲気はそっくりですね。将来はやっぱり芸能界入りなのでしょうか。どこに行っても引く手数多だろうことは確かですね。

 

孫のキランはイッテQや金スマで話題に?自転車特訓とは?

デヴィ夫人の孫ということもあり、2014年には「金スマ」、2016年には、「世界の果てまでイッテQ!」に登場し、そこから一気に話題となりました。

キラン君が9月18日放送の「世界の果てまでイッテQ!(日テレ 日曜夜7時58分~)」に登場しました。デヴィ夫人が「死ぬまでにやりたい10のこと」というコーナーで「死ぬまでに自転車に乗れるようになって大好きな孫とサイクリングに行く」という夢をかなえるため、自転車の猛特訓をします。訓練の結果、自転車に完璧に乗ることに成功。

デヴィボーイ「出川哲朗」と一緒にイギリス、ロンドンに行き特訓するのですが、そこへキラン君が登場します。

「新しい事に挑戦するのは、まったく怖くないわ。私が、本当に怖いのは挑戦する気持ちが、なくなってしまう事よ」

テレビ番組の企画で、自転車に乗れないデヴィ夫人が、自転車に乗れるようになり、その番組終了後に言った言葉がこれ。乗れるようになるまで何度も自転車に乗っては倒れ、乗っては倒れることを繰り返してきた。デヴィ夫人の生きざまが垣間見れる。

年齢、性別、関係なく、何かに一生懸命挑戦している人ってたくましいですし、かっこいいですね。それがたとえ自転車でも。デヴィ夫人の挑戦者魂は見習いたいですね。

 

孫のキランは現在寄宿舎学校で生活?彼女がいる?

現在、孫のキラン君は両親とイギリス、ロンドンに住んでいますが、デヴィ夫人がブログで孫のキラン君が寄宿舎で生活する事を発表しています。寄宿舎がある超名門校に通っているとの噂があります。

先日娘のカリナに会った時、 キランの進学が決まって嬉しい半面、これからは 寄宿舎生活となるため、離れ離れの生活が 始まるので 寂しい、子供と思っていたのも つかの間、 あっという間にティーンエイジャーになってしまうと珍しく しんみりしていました。

きっと、キランは映画の〝ハリー・ポッター〟の世界のような、寄宿舎生活を楽しむことでしょう。目指すはイートン、オックスフォード!学生生活を楽しみ、勉学にいそしみ、生涯の友人を得、様々な経験を積んで立派な大人になってほしいと思います。

将来はこの美貌を駆使してモデルを目指すのかと思いきや、夢はコメディアンだそうですよ。そして、カリナさんがキラン君の彼女の存在を暴露しました。

11歳になったキラン君、なんと!彼女の存在が明らかに!!

カリナさんの話では、「彼女がいるのに話したがらない」「毎週彼女と電話で話している」とのぶっちゃけ発言が!

いいですね。キラン君は青春を謳歌しているようです。母親であるカリナさんは寂しい思いをしているようですね。デヴィ夫人はこれを聞いた時不機嫌な顔になっていたようですけど、こればかりは仕方がないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)