堂本剛は耳が聞こえない病気?後遺症でヘッドホンを着用している?

年末年始のドームコンサートを中止したKinKi Kidsの堂本剛さんと堂本光一さん。この休止の理由は堂本剛さんの病気が原因で、体調を一番に考えてのことだと言われています。今回は、堂本剛さんの「耳」の病気について調べてみました。

堂本剛は耳が聞こえない病気?

2017年6月27日に耳の治療のために入院。7月4日に退院しましたが、特に左耳は治っていないと発言しています。

この時、コンサートを中止せざるを得なかったようですね。その当時の事を堂本剛さんはこんな風にコメントしています。

発症時は「強烈な頭痛」に襲われたという。「1秒前までは普通にしゃべっていました。でも、1秒後には水の中に潜りました。5秒ぐらいかけて右耳だけが陸に上がってきて、高い音が頭に響き始めました」と机を指でたたきながら状況を説明した。

現在、その症状は少し軽減しているというが、「今、真ん中の音が重症で聞こえていなくて、下の音があんまり聞こえていません。上の音が正常に聞こえているのが左の耳の状態」と告白した。

どうやら、右耳だけが正常に聞こえていて左耳は高音だけが聞き取れるようですね。これで歌のキーを外さずに歌うのは至難の技ですね。コンサートを中止にするしかないのは納得です。

 

堂本剛がヘッドホン着用しているのは後遺症のせい?

恒例の年末コンサートが中止となり、KinKi Kidsの歌唱するシーンを見られないことで悲しんでいるファンにとって、12月21日に放送された「MUSIC STATION SUPER LIVE 2018」は、待望の登場となりました。

しかし、堂本剛さんの耳にはヘッドホンが装着されています。これはなぜなのかというと、2017年6月に発症した「突発性難聴の後遺症からではないかと言われています。

2018年12月24日に放送された「CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2018」でも同じようにヘッドホンを装着しています。入院し、治療は受けたようですがどうやら完治してはいないようですね。

 

突発性難聴とはどんな病気?後遺症で耳鳴り?治るの?

突発性難聴は原因不明で突発的に起こり、多くは片方の耳が聞こえなくなる病気だ。

「突発性難聴は早急に治療することが推奨され、約3週間で症状が回復しなくなると言われています。ただし、早急に治療したからといって、全ての人が完治するわけではありません。割合としては、完治する人が全体の約40%、何らかの改善を示す人が約40%で、残りの約20%は改善がみられないと言われています」

早期治療が予後を決めるのですね。治療しても完治するかどうかは分からないようです。それではこの病気はどのような治療方法があるのでしょうか。

突発性難聴は劇的な効果のある治療方法がないことに加え、自然治癒率が3割程度と言われており、難聴が残ったり、後遺症として耳鳴りが残ったりすることもある

最も一般的な治療として点滴や内服による全身のステロイド治療が挙げられ、それ以外にもいくつかの治療方法を試すことが基本とされている。

劇的に治る治療法がないとは、驚きですね。しかも自然治癒することがないとなると、後遺症が残ったら、一生付き合っていかなくてはならない病気のようです。

 

堂本剛の耳には耳栓が必要?

ステージに上がる際は、左耳の鼓膜の近くに綿を詰め、20デシベル音圧を下げる耳栓をして音をカットその上からヘッドホンをして右耳だけで音を聴いているといい、「そのようにしないと、頭の中で音がフワーっとハウリングしちゃうんです。

自分の声で歌っていても頭蓋骨でビービービービー響くので、それで聴いている音がかき消されていく状況が出てきたりする」と話した。

堂本剛さんがヘッドホンを装着している理由が判明。普通は音を大きく調整して聞くためにヘッドホンを付けるわけですが、堂本さんの場合は逆で音をカットするために装着しているようです。

 

堂本剛は現在、耳に補聴器をつけて対応している?

突発性難聴を発症した場合、多くの患者が補聴器を利用れるようです。クロス補聴器などもあって、患者一人一人にあった補聴器がたくさんあるようなので、堂本剛さんも補聴器で調整しているのだろうと思います。無理せず音楽活動を続けていってほしいと思います。

クロス補聴器とは?

聞こえない耳側周辺の音を集め、聞こえる側の耳に誘導して聞き取る補聴器システムです。聞き取りができない耳に送信機を装用し、電波で音をもう片側の補聴器まで届けます。

これは片耳だけが聞こえずらくなった方には朗報ですね。補聴器も研究され目立たないように小さくスリムに、機能性もアップしたものが多くなっています。メーカーごとに試聴してみるのが良いようですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)