石橋凌に隠し子がいる?原田美枝子との子供は何人?娘は女優!

石橋凌さんがNHK大河ドラマ「麒麟がくる」武田信玄役で登場し、話題になっています。

刑事役が似合う石橋凌さんには、実は隠し子がいるとのウワサがあります。

今回は、石橋凌さんに「隠し子が本当にいるのか?」や「実の子供は何人で現在どんな事をしているのか」について調べてみました!

また、気になる「嫁との関係」についても触れていきたいと思います!

石橋凌は認知していない隠し子がいることを会見で発表!

 

石橋凌さんには認知していない婚外子がいます。

 

2001年の5月に写真週刊誌が、石橋凌さんにはアメリカ国籍の30代半ばの愛人との間に、「5歳になる男子の隠し子がいる」事を報道したのです。

 

記者会見で石橋凌さんは、隠し子がいる事実を認めました。ただ、相手の女性がシングルマザーで生きたいとのことで、認知はしていないのだとか。ただし、子供には石橋凌さんを「お父さん」と呼ばせるとのこと。

 

女性とはクラブ関係で知り合ったようで、出会いは2001年から7年前に遡るそうです。嫁の原田美枝子さんはこの事実を2年前に知人から聞かされて知っていたのだそうです。

 

嫁の原田美枝子さんが事実を知った時には、すでに5年間も関係が続いていて、しかも子供がいる状態だったわけですね。これは相当ショックだったはずです。

 

しかも、当時の石橋凌さんは「認知はしないが養育費は払うし、実の子供たちと同じように愛している。離婚は考えていない」というコメントまで出しています。

 

これはほぼ、アメリカ人女性と事実婚をしている状態ですよね・・。

 

原田美枝子さんは、1998年に人間ドラマ「愛を乞うひと」でとても話題になった女優でもありますから、離婚という選択を選ぶ事も出来たと思います。

 

石橋凌さんのセリフを聞いても、離婚を決断しなかった理由は幼い実の子供達を守って育てる事を優先したからでしょう。

 

この隠し子騒動からすでに20年が経とうとしていますが、嫁の原田美枝子さんがよくぞ耐えたものだと思います。

 

隠し子報道から20年。今、石橋凌さんの実の子供達はどんな活動をしているのでしょうか。

 

石橋凌と嫁・原田美枝子には女優の娘を含めて3人の子供がいる!

 

石橋凌さんと嫁の原田美枝子さんの間には3人の子供がいます。

 

嫁の原田美枝子さんが初監督を務めた映画「女優 原田セツ子」には、子供たちが全員登場しています。

 

認知症になって原田美枝子さんとしての人生を話し始めた実の母のために、娘として出来る事を考えて発表した「女優 原田セツ子」。

 

この映画は次女の静河さんが助監督、長男の大河さんが予告編制作・録音、長女の優河さんが挿入歌を担当していて、それぞれの才能を活かした、家族一丸になって制作された映画になっています。

 

1990年(平成2年)生まれ:長男大河(たいが)

 

長男の大河さんは、映像作家を目指してフランスに留学していた経験があり、VFXアーティストとして活動しています。

 

映画「女優 原田ヒサ子」で、フランス人でエステティシャンの嫁・石橋エマニュエルさんと一緒に舞台挨拶に立ちました。嫁とは、おそらく留学していた頃に出会ったのでしょう。

 

VFXは裏方の作業だからなのか、これ以上の石橋大河さんの情報は出てこないので、別名義で活動されている可能性もありますね。

 

1992年(平成4年)生まれ:長女優河(ゆうが)

 

長女の優河さんは、2011年から全国各地でツアーライブやフェスにて音楽活動を積極的に行う、シンガーソングライター(歌手)として活動していましたが、2020年に舞プロモーションへ所属しています。

 

ファーストアルバム『Tabiji』、セカンドアルバム『魔法』、映画「長いお別れ」の主題歌「めぐる」を作詞しEPを発売。他にも、ミュージカル舞台やCNナレーションなどの仕事もされています。

 

ちなみに優河さんは、2018年の11月に写真家の廣田達也さんとご結婚されています。

 

 

心強いパートナーを得たことで、益々活動の幅は広がりそうですね!おめでとうございます!

 

1995年(平成7年)二女静河(しずか)

 

次女の静河さんは、4歳からクラシックバレエを習い、15歳の頃にアメリカのボストンとカナダのカルガリーへそれぞれ2年、4年間の留学を経て2013年に帰国し、コンテンポラリーダンサーとして活動を始めます。

 

2015年からはスカウトされ、「銀河鉄道の夜 2015」で女優デビュー。2017年に公開された「夜空はいつでも最高密度の青色だ」でブルーリボン賞新人賞を獲得し、親子受賞を果たします。

 

2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で朝ドラに初出演。ヒロインの幼なじみ・萩尾律の嫁・より子役で静河さんの認知度は大きく急上昇しています。

 

静河さんは兄弟の中で、一番女優としての才能を親から受け継いだ子供という立ち位置になっていますね。

 

2世という立場で、それだけでは成功せずに消えていく2世が多い中、静河さんはサクセスストーリーを昇っていきそうですね。

 

石橋凌と嫁・原田美枝子は離婚寸前?仮面夫婦を続ける理由とは?

 

石橋凌さんと原田美枝子さんは「仮面夫婦」で「離婚寸前」なのではないかとウワサされています。

 

原田美枝子さんが監督を務めた「女優 原田セツ子」で、家族全員が出演している中で石橋凌さんだけが出演していない事が一つの要因です。

 

この映画に石橋凌さんが登場していないのは、スケジュールが合わなかったためなのだそうですが、それは他の家族達も忙しい中で調整しているわけですから、言い訳とも取れなくはありません。

 

原田美枝子さんは石橋凌さんに対してのコメントを一切していない事や、関係者が旦那である石橋凌さんのことを聞く事がタブーであったりするそうです。

 

原田美枝子さんと一緒に仕事をした映画監督からは「いつ離婚してもおかしくない夫婦」とのコメントが出たりと、夫婦仲は良いものではないようです。

 

認知はしていないとはいえ、外に婚外子がいて物理的な援助をしている事実があることは、嫁の立場として一生涯許せない事なのでしょう。

 

子供たちが成人し、自分で生活をするようになっても熟年離婚に踏み切らないのは、単純に生活を守るためだけとは思えません。

 

婚外子については許せなくとも、やはりお互いに長い間芸能界という厳しい世界で生き抜いてきたわけですから、同志のような部分は認めているということなのかもしれませんね。

 

まとめ

 

とても真面目そうに見える石橋凌さんですが、認知していない隠し子がいるとは驚きですね!石橋凌さんには実の子供が3人、婚外子が1人の4人の子供がいる事になります。

 

実の3人の子供たちの内、娘2人は芸能関係に進んでいる事から、もしかすると4人目の子供も芸能に関する仕事に就いているかもしれませんね。

 

これから先、嫁の原田美枝子さんと離婚する決断をするかどうかは分かりませんが、これまでの長い夫婦生活があったことは事実です。

 

もし、本当に夫婦関係が破綻しているのであれば、原田美枝子さんが子供達を芸能関係の仕事に就かせる事はなかったと思うので、実は若気の至りとして許しているのかもしれませんね。

 

歳を重ねても俳優として円熟味を増す石橋凌さんと、監督デビューを果たした女優・原田美枝子さんを応援していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.