岩崎宏美の旦那は今拓哉。息子の現在の大学や職業はどこ?

岩崎宏美さんといえば70年代のアイドルですね。今回は、岩崎さんの現在の旦那さん、元旦那との離婚理由、子供たちとの関係などにスポットを当ててみたいと思います。

岩崎宏美の旦那は今拓哉。馴れ初めは?

岩崎宏美さんは2009年4月29日に10歳年下の今拓哉(こん たくや)さんと再婚しています。

今拓哉さんとは、1998年のミュージカル「レ・ミゼラブル」公演で共演したことがきっかけで交際に至ったようです。

席が隣だったりホテルが同じだったりと偶然が重なって、食事に二人で行くようになったらしいですね。誕生日が同じ11月12日だった事もあり親近感が湧いたようです。

しばらくして、「よかったら一緒に住まない?」と岩崎さんからアプローチ。今さんはそれを承諾。そして結婚に至ります。

仕事を離れて話してみると底抜けに面白かった。竹を割ったみたいに気っ風のいい下町の姉さん。

今さんは、仕事ではかなり厳しい岩崎さんとプライベートの性格とのギャップに惚れ込んだようです。とても明るい家庭なんでしょうね。

結婚された当時、岩崎宏美さんは50歳、今さんは40歳でしたから二人の間に子供はいません

 

岩崎宏美の元旦那(益田孝)との離婚理由は?

岩崎宏美さんは1988年30歳の時に、一度目の結婚をします。結婚相手は一般男性でしたが、職業が三菱商事のエリート商社マンだったことで「玉の輿婚」と話題になりました。

総合商社三井物産の創設に関わった、益田孝(ますだ たかし)氏の玄孫という血筋を持つ益田孝二さんという方だというのが有力です。

1989年に長男、1992年に次男を出産されて、順風満帆かと思われましたが1993年10月の旦那のドイツのデュッセルドルフ赴任をきっかけに、雲行きが怪しくなります。

どうやらすでに、赴任する頃にはすれ違いが多くなっていたようです。1994年2月に岩崎宏美さんもドイツに渡るのですが、わずか10日で子供と共に帰国。

夫の社内序列がそのまま持ち込まれた現地夫人たちの人間関係が、受け入れられなかった」、「休日でも行事に駆り出され、さらにパーティーの打ち上げで、プロの岩崎に対し『1曲歌ってよ』と言った」という情報が伝わり、岩崎さんがドイツでの生活になじめなかった。

ただでさえ旦那の会社の奥様同士の関係は難しいのに、上流階級の人間関係はさらに混沌としていそうですからね。

単身赴任から旦那さんが戻った1995年3月13日に岩崎宏美さんは離婚届を提出結婚生活は7年で破綻します

そして子供たちの親権は父親に、養育権は岩崎宏美さんに移りましたが、間もなく元旦那さんは再婚

元旦那さんは再婚後に養育権を戻す裁判を起こし、それが認められます。さらにメキシコへ渡ってしまったことで、岩崎宏美さんは子供たちとは2か月に1度しか会えなくなってしまいました

 

岩崎宏美の息子の名前は益田元気?大学や職業は?

岩崎宏美さんの子供たちはそれぞれ長男が益田元気さん次男が益田勇気さんといいます。2019年1月現在では長男の元気さんが29歳、次男の勇気さんは26歳ですね。

すでに大学も卒業して就職している年ですが、長男は慶應大学か早稲田大学出身、次男は新潟の大学出身という説が有力です。

youtubeでラップを披露してはいますが、歌手ではなく一般人を対象にした企画なので、長男の元気さんが歌手をしているわけではなさそうです。

職業は長男・次男ともに芸能関係ではなく、一部上場企業に勤めているという情報があります。

 

岩崎宏美は現在息子と暮らしている?

長い間、子供たちと離れて暮らしていた岩崎宏美さんですが、今拓哉さんとの交際を通じて親子関係が回復してきたようです。

子供たちと会う時には今拓哉さんも一緒に会うようになり、長男とは一緒にNYに行ったりもしていて、2008年には自分のコンサートに子供たちを初めて誘ったそうです。

離婚後、子供が成人すれば親権の行使が出来なくなるので、ようやく息子さんとの時間を取る事が出来るようになったようですね。

「2人とも20歳を過ぎて一人暮らしをするようになり、自分で自分の生き方を決められるようになりました。

これまで実の母親である岩崎さんにあまり会えなかったから寂しかったんでしょうね。

息子さんたちは岩崎さんのもとを頻繁に訪れているみたいですよ特に次男は夏ごろからほとんど一緒に暮らしているみたいですね。」(知人)

今まで離れて辛い思いをしてきた分、これからは思う存分に今拓哉さんと息子さんたちと一緒に、新しい家族を作って幸せに過ごしていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)