窪塚洋介の嫁ピンキー(pinky)のインスタに意外な画像?窪塚洋介の現在がやばすぎる?

俳優としてハリウッド映画にも出演している窪塚洋介さん。今回は窪塚さんの嫁がどんな人なのかについて掘り下げて見てみました。

窪塚洋介の嫁ピンキー(pinky)がインスタで得意料理を披露?

窪塚洋介は前妻のんちゃんと2012年に離婚しています。その後、2015年に2人目の嫁となるピンキー(PINKY)(本名:菅原優香)さんと再婚しているのです。実はこのピンキーさん年齢は公開されていませんが、一説には1983年6月12日生まれでは?という噂もあります。

ピンキーは元レゲエダンサーで、レゲエミュージシャンとして活躍している夫窪塚洋介(卍LINEを)のバックダンサーもつとめているんだとか。

とてもきれいな方ですね。そんなピンキーさんがインスタで自分の料理画像を披露していました。

すごく美味しそうなご飯ですね!しかもとてもバランスの良さそうな組み合わせです。ピンキーさんは窪塚洋介さんに毎日こんな料理をつくってあげているのですね。美人、スタイル良し、料理は上手。夫のサポートもして、素晴らしい嫁だと思います。

 

窪塚洋介の嫁ピンキー(pinky)のブログでも夕飯を紹介?

 

和歌山の新鮮な猪のお肉をいただいたので今年もお家でジビエ。主人も『こんなお店の味を家で食べられるなんて…!!』と大絶賛してくれました。

初午の日(2/7)は稲荷大明神に油揚げのお供えをして稲荷寿司を食べ、五穀豊穣、商売繁盛を祈願するとのことで、この日の夕ご飯はお稲荷さん。
節分の夕ご飯はガッツリだけどさっぱり食べられるお肉がメイン。

ピンキーさんのブログには、こんな料理が紹介されていました。なんて本格的な料理なのでしょうか。こんな料理を作ってもらえる窪塚さんは幸せ者ですね。

 

窪塚洋介の嫁ピンキー(pinky)は岩手県一関市出身?

とても美人なピンキー(菅原優香)さんですが、どこの県出身の方なのでしょうか。情報サイトなどを見てみると、“岩手県出身説”、“群馬県の高校卒”といくつかの説が浮上していました。

はっきりしているのは岩手県出身だということです。「DANCE HALL QUEEN JAPAN」といういコンテストは、レゲエダンサーにもっとスポットを当てようという趣旨で1999年に第1回が開催され、東日本の予選大会に菅原優香さんが出場しており、プロフィールに「岩手県」と書いてあったそうです。

ピンキーさんは岩手県出身のようです。ハーフっぽく見えるのは化粧のせいでしょう。純日本人です。岩手は美人が多いともよく聞きますしね。移住した方のブログなどの意見を見ても、美人がとても多いのだそうですよ。

 

窪塚洋介の元嫁のんちゃんはダンス教室を開いている?画像は?

窪塚洋介の元嫁徳子(のりこ)・のんちゃん(あだ名)は現在実家がある大阪府でダンス教室を開いていると伝えられています。窪塚洋介はのんちゃんと円満離婚だったことや今後も子供の親として力を合わせていくと発言していました。

しかし窪塚洋介の元嫁・のんちゃんと現在の嫁・PINKYは以前から交流を持っていたようで2人の仲が良すぎると話題になっています。

窪塚洋介の元嫁であるのんちゃんが自分との離婚直後に交際している彼女とは顔を合わせたくないと考えるのが普通だと思います。しかし2015年に窪塚洋介とPINKYとのんちゃんと子供の4人が一緒に旅行に行っていたことが分かりその不思議な関係に注目が集まっていました。

離婚から結婚へ至るまでの経過からピンキーさんの略奪愛なのではないかとうわさされていましたが、嫁二人はとても仲がいいのですね。そうなると円満離婚だったというのは本当なのでしょう。親権は窪塚さんが持っているので、元嫁からすれば子供とも堂々と会えますしね。

 

窪塚洋介の元嫁のんちゃんの過去とは?

のんちゃんの過去についてですが、結婚する前まではダンサーや水商売の仕事をしていたという情報を目にしましたが、その中でも彼女が結婚する1年前まで風〇関係の仕事をしていたらしいのです。

このとき窪塚さんは「昔はどうあれ、今がちゃんとしていれば俺はいい」という男気のあるコメントを残していますが、この一件以来、二人の関係に亀裂が生じ始めたようです。

これは男性から見たら、気になりますよね。ただ、離婚理由はそれだけではなく元嫁が育児放棄状態になっていたことも原因だとうわさされています。親権が窪塚さんにあるのも意味深ですよね。

 

窪塚洋介の現在がやばすぎる?住まいは大阪?画像はある?

色気ダダ漏れの窪塚洋介。誰だ、このセクシーでダンディーな男性は・・・!姿がやばすぎると話題になっています。

色気の塊」「見てるだけで幸せ」「ほんと絵になる」「いい写真すぎる」と高評価の嵐です。

窪塚洋介は2005年に活動復帰を果たし、以後はレゲエDJ・卍LINE名義での音楽活動など、自由に自分らしく活動するようになった。自分の意思と価値観に基づき、映画作品には出演するがテレビドラマには出演しないスタンスも通しているが、窪塚洋介の演技力と存在感はずば抜けており、2017年1月公開のマーティン・スコセッシ監督映画『沈黙−サイレンス−』ではハリウッドに進出した。

「メディアでいろいろ言われていた時期というのもありますが、現場でより一層不信感が強くなる出来事があって、俺の居場所はここじゃないなって思った」

テレビドラマでは姿を見なくなった窪塚さんですが、これは自身の信念に基づいた結論だったのですね。その代わりに映画や音楽活動は積極的に活動されているようです。

窪塚洋介は2015年に再婚したPINKY、前妻との間に誕生した愛流、そして2017年2月に誕生した長女の4人で、大阪で生活しています。積極的にライフスタイルを発信しているわけではないですが、特に隠しだてしているわけでもないです。Instagramでは家族と過ごす様子をアップしており、ここ1年は長女を溺愛して育児に奮闘する模様が話題になっていました。

窪塚洋介の子供は元嫁・のんちゃんが現在住んでいる実家のある大阪府の学校に通っていると噂されています。窪塚洋介は息子のためにわざわざ陸上大会を見学するために足を運ぶなど子供の父親としてしっかり役目を果たしているようです。

私生活では子煩悩な父親のようですね。息子さんは俳優デビューもしていて、将来は親子共演もありうるかもしれません。

 

窪塚洋介の現在でもストリートファッションは健在?

個性的なファッションの人が多いといわれる芸能界においても、その個性の強烈さにおいてはこの人の右に出る人は、そう多くはないのではないかといわれる存在が、俳優で現在はレゲエ・アーティストとしても活躍している窪塚洋介さん。

ストリート系ファッションの申し子ともいわれる窪塚洋介さんのファッションというのは、固定概念に縛られてしまっているような人から見ると、ある意味で奇抜なものにしか見えないファッションですが、現代ファッションの最先端を理解している人から見ると、自分の個性を十二分に引き出している、とてもおしゃれなファッションになります。

2018年現在でもストリートファッションは健在のようです。40歳近くになっても、こんなかっこいい着こなしが出来る窪塚さんは素敵ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)