松井秀喜の嫁は元ホステスってホント?2人目の子供に障害があるってホント?

野球選手として名を馳せた松井秀喜さん。松井さんの結婚相手は誰で何をしていた人なのでしょうか。今回は松井さんの嫁がどんな人なのか、子供に障害があるというウワサの真相などにスポットを当てたいと思います。

松井秀喜の嫁は中山愛?元「うさぎ」のホステス?画像あり

松井秀喜さんは2008年3月に一般女性と結婚したことを発表しています。

ヤンキース松井秀喜外野手(33)が2008年3月27日(日本時間27日夜)、結婚したことを発表した。相手は25歳の元会社員の女性

会見場でのこと。松井は左手薬指にティファニーの結婚指輪をはめ、紺のスーツに水色のネクタイをしめて現れた。相手が一般女性ということで、松井は写真の代わりに、なんと自分で描いた似顔絵を披露した。

「これが絵の才能がまったくない僕が書いた絵です」と言いながら「これじゃあみなさん、どうなのか分からないと思うので、芸術的センスのある、松井兄が描いた絵を見せます」と、建築士の兄利喜さんが描いた似顔絵も取り出した。「活発という感じではないですけど、でも明るいですし、相手への気遣いとかが良くできる方だと思います」とのろけた。

松井は、女性との出会いについて「僕の一目ぼれだった」と明かした。06年ごろからお互いを意識しはじめ、昨年から本格交際がはじまり、オフにプロポーズしたという。

女性は勤務していた会社をすでに退職し、その後は結婚準備を重ね、今年1月、松井の実家で結納を済ませていた。

既に結婚式もすませた。松井は25日の夜にニューヨークに戻り、26日のオフを利用し、教会で両家の親族のみで結婚式を挙げた

まず、結婚したのは2008年の3月である事は確定です。松井さんは結婚をする時に、ある約束をしていたそうです。

実は’08年に結婚する際に、松井は夫人といくつかの約束を交わしているという。「その一つがいかなる場合でも、絶対に夫人を公の場に出さないというものだったそうです。

実際、知り合ってから2年、松井さんの度重なるプロポーズに尻込みする夫人に対し『どんなことがあっても君をマスコミの前に出さないから!』と口説いて、結婚にこぎつけたそうですからね」(球界関係者)

このことから、ほぼ一切の情報がでてなかった嫁情報ですが、2008年5月に松井選手の試合観戦に来ていた嫁を中継カメラが捉えます。

この観客席は家族を招待する席である事から、この女性が嫁ではないかといわれていますが、真偽のほどは定かではありません。

この嫁に関して、海外メディア(ニューヨーク・ポスト)が報じたのは以下の報道です。

松井秀の妻の名はナカヤマ・アイ(Ai Nakayama 中山愛)さん(26歳)。

バッチリ本名を報道されていたようです。嫁は「中山愛」さんで間違いないようですね。

松井秀喜さんの嫁、中山愛さんに関して元ホステスだったというウワサがあります。

中山愛さんはNYの「うさぎ」というクラブ(正確にはピアノバー)でホステスをしていたらしく、そこで松井さんと出会い結婚に至ったとか。

画像が本当に松井さんの嫁ならば、かなり綺麗な方ですし気遣いが出来る人だという話ですから、ホステスだったと言われればそうかもしれない、と思いますね。ただし証拠などは情報がなくウワサだけが一人歩きしているようです。

 

松井秀喜の嫁は「ミズノ」の会社秘書だった?

2人はアイさんがミズノ秘書として勤務していた頃に知り合った。

嫁の本名を報道していた海外メディアの報道の一部に、中山さんが元社長秘書だったという部分があります。どちらかといえば、こちらの方が正しい情報のように思えます。

33歳にして選んだ生涯の伴侶は8歳年下のスポーツ関連会社の元社員の女性松井と同じ北陸地方、富山県の出身で秘書のような仕事していた。

このような報道もありますね。ただ、秘書のような仕事をしている方とどのうなきっかけで松井さんが出会うのかが不思議なのですが、嫁がホステスとしても働いていたとするなら、合点はいきますね。

 

松井秀喜と嫁の結婚式はNYの教会だった?

松井秀喜は3月26日ニューヨークの教会で両家の親族だけで結婚式を行った

2007年シーズン中に始まった交際ですが、松井さんはオフにプロポーズし2008年1月には結納までしていますので、交際半年程度のスピード結婚だったようですね。

「どちらかというと控えめで活発ではない感じかな。でも明るいですし、相手への気遣いなどよくできる人です。かわいい。もちろん見た目のかわいさもありました。きれいかかわいいかと聞かれたら真ん中ぐらいの感じですね。」

プロポーズ?もちろん僕からですが、具体的な言葉は恥ずかしいので勘弁してください。ストレートに一言です。結婚しよう、とか?まあ、そんな感じです。プロポーズした時の彼女の反応?半分ビックリ、半分笑顔って感じですかね。」

松井秀喜といえば超有名人の一人ですから、多くの人を招き披露宴をするかと思えば、素朴な人柄そのままに、家族だけの結婚式を挙げられたようですね。松井さんの人間性が垣間見える選択だと思います。

 

松井秀喜が嫁と結婚したのはある宗教が理由?

松井秀喜さんの父親は、宗教法人瑠璃教会の二代目司教としてメディアにしばしば登場し、ゴジパパの愛称でも知られています。その瑠璃教会の熱心な宗教愛好家の一人だといわれているのが中山愛さんなのです。

そのためか、ゴジパパが中山愛さんのことを気に入り、自分の息子の嫁にしたいと考えて、中山さんに息子を紹介したといううわさなのです。

なるほど。嫁が宗教の信者だとすれば、その司教の息子と結婚することはこれ以上ないくらいに喜ばしいことですよね。しかし、この情報はウワサに過ぎず根拠となる情報はありません。

 

松井秀喜と嫁の子供の名前や年齢は?野球に興味がない?

松井秀喜さんには子供が2人いて、どちらも男の子です。2013年3月には長男が誕生、2017年1月には次男が誕生しています。

「家では日本語を話しますが、学校に行けば英語が話される環境です。だから、僕らはどうなっていくかとても楽しみです」。長男が家では日本語を使いながら、学校では英語を話す“バイリンガル”として育っていることを説明している。

また、長男について「彼が野球に明け暮れるのを見るのは楽しみか?」と聞かれた松井氏は、通訳を待たずに「彼にプレーしてもらいたい気持ちはありますただ、段階が上がり続ければ、そこには困難や挑戦があります。結局は彼のとる決断次第です。どこまで行きたいか、どれだけ続けたいか」と答えたという。

バイリンガルとして成長している長男ですが、2018年7月にイベント発表会のなかで、こんな話が出ています。

子供とスポーツはしますか?」と質問があった。松井さんは「たまにはしますけれども。残念ながら(今は)野球に興味がないみたいで、どちらかと言えば、サッカーボールを蹴っています。(サッカーに取られそうで)危ないなあ。何とかキャッチボールはしたい」とぼやくも、子供の将来について「僕の子なので、サッカーセンスはないと思います」と即答し、笑いを誘っていた。

やはり今は野球よりサッカーなのでしょうか。しかし、成長するにつれて父親の偉大さが分かってくると思うので、その時に現在5歳2歳になる息子さんがどういう結論を出すのか楽しみですね。

 

松井秀喜と嫁の2人目の子供が障害持ち?

松井秀喜さんの子供について調べると、「子供 障害」のワードが出てきます。しかし、結論からいえば完全にデマ情報ですね。

子供たちはどちらも現役を退いてから出来た子供ですし、2003年に大リーグのヤンキースに移籍してからは、ずっとニューヨークで生活している事もあり、嫁と同じく子供に関する情報は届きにくいようです。

情報が出ていないから、面白おかしく拡散されるのでしょう。もしも障害をもっているとすれば、サッカーなんて出来ないでしょうし、ましてや次男はまだ2歳になったばかり。仮に何らかの障害をもっていても、それを判断するのは時期尚早だと思います。

 

松井秀喜の子供時代の特技がスゴイ?

松井さんは3歳からピアノを習い始めました。小学校4年生で「マイウェイ」を兄と連弾しました。松井少年が一番好きだったのはモーツァルトだったようです。

野球部に入部する前の小学3年生からは柔道教室に通っていました小学生で石川県3位の成績でした。国体強化選手にも選ばれています。また、相撲も強く「わんぱく相撲大会」で優勝したこともありました。

野球と柔道のどちらの道へ行くか迷ったものの、中学校に野球部しかなかったため、必然的に野球の道へ進むことになりました。

松井秀喜さんはピアノが弾けるのですね。嫁とのウワサのクラブも正確にはピアノバーだという話なので、現在でもピアノに関する場所に行っているのは確かなようです。

才能があり努力する人というのは、どこにいても何をしていても、なにかしら結果を出せるものなのですね。

 

松井秀喜の現在の仕事は?

松井秀喜さんは2012年に現役を引退しています

2013年に国民栄誉賞を長嶋茂雄氏と同時に受賞。2014年2月に巨人の春季キャンプで臨時コーチを務めた。その後ヤンキースのスプリングトレーニングでゲストコーチを務めた。2015年からヤンキースGM特別アドバイザーとして活動している。

現在はニューヨーク在住で、ヤンキースの指導者として活動されているようですね。

2003年にニューヨークヤンキースに移籍した当時は賃貸でマンションに住んでいたようですが、2005年にマンハッタンの東側、イーストリバーに面して建つ72階建ての超高層コンドミニアム「トランプ・ワールドタワー」の52階の部屋を315万ドル、当時のレートで約3億5000万円で購入しています。

現在は超高級コンドミニアムで暮らしているのですね。ここを購入したという事は、日本には帰ってはこないのでしょうか。

かねてから噂されるのが監督など指導者への転身で、とくに古巣・巨人監督就任です。原監督の退任時、そのあとを継いだ高橋由伸監督の不振時、さらに東京五輪の代表監督にまで候補としてあがっていたことも。もちろん本人は、今の段階での監督転身を否定。

監督への興味を訊かれた松井氏は、「今のところは本当に考えてない」と回答佐野瑞樹アナウンサーから「メジャーの監督も?」と質問が続くと、「それは無理だと思います」とキッパリ。「そんなことない」と言われると、「そんなことあります」と真顔で即答、「それは目指しても無理だと思います。目指すつもりも、もちろんないですけど」と話した。

今こうやって素晴らしい経験をヤンキースにさせてもらっている。まずこういう機会を提供してもらったことをヤンキースに感謝しなくてはいけない。

なかなかしたくてもできないこと。この経験をいつか生かす時があるのか。それも考えなくてはいけない。日本球界にどういう形で返すのか。

もちろん今はヤンキースでの仕事に集中して組織の力にならなくてはいけない。今後のはっきりしたプランは持っていない。20年間選手をやったことを土台として、3年間この仕事をやっている

。この3年間で積み上がった部分は、これまでの20年間とはまたちょっと違う。これをどうするか。これからの課題にしたい」

松井さんは監督として活動していくことは考えていないようです。しかし、プロ野球選手としての始まりの日本球界の事も、何かの形で恩を返したいと考えているようです。これからの松井秀喜さんに要注目ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)