松任谷正隆が浮気?相手は石田ゆりこ?子供はいる?実家の家系図がすごい?自宅は?愛車がすごい?

数々のヒット曲を世に送り出してきた、松任谷正隆さん。歌手・松任谷由美(ユーミン)さんの旦那様でもあります。

今回は、松任谷正隆さんの不倫疑惑が報道されていましたが、真実を考察していきます。

松任谷正孝が浮気!?相手は石田ゆりこ?

実は、不倫が疑われているのは二人います。一人目は、橋本香織さん。

所属事務所の英語が堪能な帰国子女30代女性マネージャーです。

経験豊富な人でないと務まらない、音楽アルバムのディレクターに抜擢までしています。

2016年7月上旬の金曜日午後5時過ぎ、東京都世田谷区用賀にある事務所を出た松任谷正隆さんとマネージャー・橋本香織さんは、コーヒーショップに立ち寄り、テイクアウトしているところを目撃。

その後、松任谷正隆さんとマネージャー・橋本香織さんは人通りの少ない住宅街へ入るとサッと手を繋ぎ、かなりの親密さ(不倫関係)を漂わせていた。(週刊新潮)

松任谷正隆さん:「手つなぎデートでもありませんし、彼女はマネージャーで恋愛対象ではありません!

橋本香織さん:「松任谷正隆さんは、私が社内で退社について揉めているのを察して引き留めてくれた。

写真画像はその時のもので「手つなぎデート」ではありませんし恋愛関係などありません。」

松任谷由美さん:松任谷正隆さんが橋本香織さんと手を繋いでいた事を既に把握していた松任谷由実さん。松任谷正隆さんの不倫疑惑については「問題外です」ときっぱり答えたそうです。

 

3人ともが不倫&浮気関係を完全否定しました。親子ほど年の離れている二人ですから、本当の娘のように感じて、何かと松任谷正隆さんの力を貸しているようにも思えます。

英語が堪能だと色々な取引や交渉にも有利ですし、連れて歩くのは当然だと思います。マネージャー、橋本香織さんとの浮気報道はデマだと言わざるを得ませんね。

 

そして、二人目が石田ゆりこさんです。

2015年に報じられた浮気報道の相手、石田ゆり子さん。日刊大衆によると松任谷正隆と石田ゆり子の関係は3年以上まえから続いていて、きっかけとなったのは2003年に共演したWOWOWの番組だったとのこと!

当時2人は東京・西麻布の(T)という高級和食店で頻繁に密会を繰り返していると報じ、その密会の様子が近いうちにスクープされるのではないかと報じられています。

どうやら松任谷正隆と石田ゆり子の不倫関係については現在も進行形と見られていて、取材チームが今でもマークしているとも言われています。

「石田と歌手のAさんの夫とのただならぬ関係は、映画業界では知る人ぞ知る話です。2人の関係は、もう3年以上続いているそうです」と語るのは芸能プロ関係者だ。

Aは、日本を代表する大物女性歌手で、これまでのCDの累計売り上げ枚数は数千万枚という大ヒットメーカーだ。

この芸能プロ関係者は、「芸能関係者であるAの夫と石田は、古くからイベントなどで接点があり、プライベートでの親交を深める中でそうした関係になっていったようですよ」と話す。

 

これは、ちょっとシャレにならない感じですね。2018年現在49歳の石田ゆり子さん。これだけ若さを保っている方ですが、独身を貫いています。独身である理由が交際相手は既婚者だから、という考察はとても説得力があるように思えます。

浮気している可能性は高いものの、二人のツーショット写真など決定的な証拠は上がってきていないようです。現在66歳である松任谷正隆さんですが、15歳以上年下の女性の心を射止めるほど、まだまだ魅力あふれる人物だという証拠でしょうか。

 

 

松任谷正孝と松任谷由美の間に子供はいるの?

 

1976年11月に松任谷正隆さんと松任谷由美さんは結婚しました。

お二人の間に子供はいません。その理由を考えてみます。

1974年ごろからフォーク関係者の間で「荒井由実はどう見ても松任谷正隆と恋仲だよ。あの2人の呼吸の合い方は絶対に他人同士じゃないよ」というウワサが聞かれるようになり、75年3月には交際報道が流れた。

交際報道が流れた時にはユーミンはすでに正隆の両親に紹介されており、八王子で呉服屋を営むユーミンの両親も「早く彼を家に連れてきなさい」とせかすほどの間柄だった。

まず、お二人は恋愛結婚でした。

愛する人との結婚なのに子供がほしいとは思わなかったのでしょうか。

多摩美術大学で絵画の勉強をしていましたが歌手になった荒井由実さんですが、過去のインタビュー記事やエッセイをみると意識して子供を作っていない発言が多く出てきます。松任谷由実さんが出した本で「ルージュの伝言」があり、子供はいなくてもいい発言をされているようです。

松任谷由実は音楽活動が思うようにできなくなるという理由で子供を作らないと発言しています。また、子供が嫌いと思えるような発言もしています。真相はわかりませんが、意識的に子供を作っていないようです。旦那である松任谷正隆さんもユーミンの個性が薄まるという理由で子供を作らないことに賛成しています。

荒井由実さんと松任谷正隆さんが結婚をする時も子供を作らないのが唯一の条件だったという話もあります。

松任谷由美さんの個性を生かす事を一番に優先した、という事のようですね。結婚する時の唯一の条件にするくらいですから、相当の覚悟の元、お二人は結婚されたようです。

 

松任谷正隆の実家の家系図がすごい!!

松任谷正隆さんは由緒ある家系です。

松任谷正隆さん自身も、雲母社社長、雲母音楽出版社長、マイカ・ミュージック・ラボラトリー校長、安達建設最高顧問。および東京工科大学メディア学部客員教授も務める才能あふれる方ですが、

父親の功三郎は旧東京銀行横浜支店長、母親の和子は雲母社監査役ですし、家系は「電力の鬼」と呼ばれた財界人、美術コレクター、茶人としても知られ、

耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人である松永安左エ門につながる、というすごい家系です。

まず肩書きが凄すぎます。活躍されている理由の一つは、脈々と受け継がれる家系の力もあるのかもしれません。

この家系図の中の人物、玉子さん尋子さんに、こんなエピソードがあります。

 

頭山満の玄孫にあたる「玉さん」は、ラジオ局に籍を置くプロデューサーだ。彼女は、あるとき脚本家・倉本聰とこんな会話を交わす。

〈「玉さんにも、ルーツがあるだろう」

「ルーツ、ですか……」

「ドラマってのは一本の木だ。ドラマを徹底的に書いていくと、それを構成する人にぶつかる。人という根を書けばドラマに厚みが出る。

根っこをしっかりしないと木は立たない。根っこは人の目には触れないが、どんぐりはまず根を出すだろう。根で土の養分を吸収して、はじめて芽を出す。根からすべてが始まっている。

少年期にどういう育ち方をしたのか、それはものすごく大事だ。人は根なんだ。根は、人間そのものなんだ」

「ルーツ、といえば、詳しくはわからないんですけど、以前から祖母の祖父がものすごい人だったと言われているんです。家族や親戚も、それを誇りに思っている者が多くって

 

一族の皆さんに慕われる頭山満さん。日本の幕末動乱期から第2次世界大戦末期までの日本の混迷期の中を生きた方です。

この玉子さんが、頭山満の孫であり玉子さんの祖母である尋子さんが、松任谷由美さんと初めて会った時のエピソードを語っています。

松任谷の家系に連なることになったユーミンが尋子に対面した貴重な瞬間を玉子は目撃している。それは、どうやら尋子が、麻雀の拠点にしている「松任谷ビル」に由実を呼んだらしかった。

〈「最近、ご活躍みたいね」と尋子が言った。

ユーミンはダージリンを一飲みすると、出されたイチゴを食べ始めた。この人、どれだけ食べるんだろう。同席した玉子がそう思うほど、黙々とイチゴを食べ続けた。山ほどあったイチゴを完食すると、ユーミンは冷めかけた紅茶をもう一口飲んで、「実は……わたし」と言った。

「え?」

尋子が身を乗り出した。

「実は、わたし、下手なんです」

「下手?」

「歌が下手なんです」

尋子と玉子は顔を見合わせた。

「下手で、仕方がなくて」

尋子が笑い出した。そして「良い娘だね。正隆は良い嫁をもらったね」。

尋子は玉子に何十枚もの色紙を持ってこさせ、ユーミンにサインを書かせた。
ユーミンはその日以来、イチゴが食べられない。〉

 

なんて素晴らしい方々なのでしょうか。

尋子さん、玉子さん、正隆さん、そしてその家系に嫁いだ由美さん。懐が深く、血脈に誇りを持っている、とても優しい家系のようです。

 

松任谷正隆の自宅の住所はどこ!?

松任谷正隆さんと松任谷由美さんの自宅は東京都世田谷区岡本3丁目といわれています。

夫妻が結婚して2軒目に世田谷区松原に住んでいた時に住居不法侵入の被害に遭ったそうです。この事件があって間もなく(1980年前後)夫妻は世田谷区岡本1丁目に引っ越したが、夫妻はその後、この世田谷区岡本1丁目の邸宅に20数年居住したが、この間にも泥棒に2回入られたり飼い犬を襲撃される事件があった(1995年前後)。2005年に現在の世田谷区岡本3丁目の豪邸に引っ越したが、前述の事件との因果関係は不明です。

有名な方の自宅に行きたくなる気持ちは分からなくはないですが、自宅に不法侵入するというのはさすがに行き過ぎです。しかもこの犯人とお二人は遭遇しているのだとか。

相当に恐ろしい体験だったに違いありません。こんな目に遭っても、世田谷区にこだわる理由はわかりませんでした。

 

松任谷正隆の愛車がすごい?番組に出演?

松任谷正隆さんが、夜中に色々な車に試乗してインプレを紹介する番組「カーグラフィックTV」に出演されていた事があります。松任谷さんは車が好きなのでしょうか。

 

松任谷正隆といえば、数々の愛車を持つ車好きとして有名であり、昔の夢はタクシーの運転手だったとも言われるくらい車を愛しているようです。トヨタ カローラ スプリンター、ポルシェ 911 GT3、BMW 130i、アウディ RS4 アバント、プジョー 1007メルセデス・ベンツ C63 AMGなどです。

 

こうしてみると、高級外車が好きな事がよく分かりますね。それにしても、高級外車のそばにいても違和感のない松任谷正隆さん。本当に高級なのは松任谷さん自身なのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)