松坂桃李の大学はどこ?産業能率大学?父親は心理学教授?

映画『アントキノイノチ』、『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞している松坂桃李さん。今回は、松坂さんの大学やファミリーについて注目してみます。

松坂桃李の大学はどこ?産業能率大学?偏差値は?

松坂桃李さんは産業能率大学・経営学部出身です。偏差値は50前後す。生徒数が2000人もいるマンモス校のようですね。2007年4月に入学したものの、2011年の秋に中退しました。

松坂さんは大学2年生のときに友人に誘われて『チャレンジFINE BOYSモデル2008オーディション』に応募し、グランプリを受賞しています。

高校は神奈川県の相洋高等学校(偏差値39~58)を卒業しています。スーパーの青果コーナーや定食屋さんなどアルバイトに明け暮れていたそうです。

中学は神奈川県茅ヶ崎市立松浪中学校で、現在183センチという高身長を活かしてバスケ部で活躍していたようです。「SLAM DUNK」が好きだったことも理由の一つだそうです。

小学校は神奈川県茅ケ崎市立東海岸小学校に入学して、その後神奈川県茅ケ崎市立松浪小学校へ転校されたようですね。

桃李」という名前は本名なんですが、変わった名前だということでイジメの対象になったようです。無視されたり机に落書きされたり教科書を隠されたり。

しかし、この「桃李」という名前は、中国の故事「桜梅桃李」に由来していて、「徳のある誰からも慕われる人に」「自分らしさを大切に」という両親の思いが込められた名前で、芸能界に入ってからは人に覚えられやすい名前だということで感謝しているようですよ。

 

松坂桃李が大学を中退した理由は?

『チャレンジFINE BOYSモデル2008オーディション』に応募し、グランプリを受賞した後、「FINEBOYS」の専属モデルとなって芸能活動を開始

同時にトップコートの養成所「Artist★Artist」の第8期生として入校します。2009年『侍戦隊シンケンジャー』で主役のシンケンレッド・志葉丈瑠役に決まります

撮影がはじまると連日朝5時集合が当たり前なほど忙しく、大学に通うことが難しくなったことから、仕事を優先して休学することを選びます。2年間の休学中に役者として生きていく決意を固め、親の反対を振り切って退学することを選択します。

人生最大の決断を質問された松坂は、「大学を辞めたとき」と回答。「親は怒っていましたけど、この仕事でやっていこうとスパっと決めました。後悔はないです」と断言。

この決断に父親と大喧嘩になったようですね。松坂さんは『キセキ −あの日のソビト−』の試写会の中で、こんなコメントをしています。

「うちの父も、ものすごく反対しまして。芸能界なんて何を考えてるんだ、大学はどうするんだと、人生最大の親子ゲンカみたいな。普段、すごく穏やかな父親なんですけど、そのときに限っては、今まで見たことのない形相で。

そのときは、役者をやっていくと思ってなかったんだけど、あまりにも言われたから『俺はこの仕事をやっていくだよ!』と言っちゃって。それが始まりですね」

父親に反対されても役者がやりたいと思っている自分に、父親と喧嘩したことで気が付いたんですね。この喧嘩がきっかけで家を出て一人暮らしを始めて、ここまでして家には戻れないと精進した結果、スター街道まっしぐらの松坂さんの今後が楽しみです。

 

松坂桃李の父親の職業は東京福祉大学で心理学の教授?

松坂桃李さんは「おしゃれイズム」に出演した時に、父親は大学の教授で「心理学」を教えているとコメントされました。

名前は『松坂秀雄』さんといいます。早稲田大学文学部で心理学を学んだあとに、国家資格の「臨床心理士」を取得し、主に東京福士大学と早稲田大学で教鞭をとっています。

松坂さんの父親は、精神的に疾患をもった人の症状の改善回復等を援助したりする『心理カウンセラー』なんだそうです。

松坂桃李さんは理想の新社会人ランキングにも選ばれていて、その真面目さと謙虚さ、礼儀正しさなどが周囲から認められていますが、それは父親の背中を見ているからなのかもしれませんね。

 

松坂桃李の母親の職業は大学の教諭?姉や妹はどんな人?

松坂桃李さんの母親は一般人なので、公表はされていませんが大学の養護教諭とネット上ではいわれています。

松坂桃李さんには松坂さんを含めて、姉と妹の3人の子供がいることは明らかにされていて、「葛飾白百合幼稚園」のホームページに父親である松坂英雄さんと共に掲載されている松坂佳代子さんの特徴が合致するため、おそらく母親で間違いないようです。

松坂桃李さんは3歳年下の妹を溺愛していているようで、家族の中で一番仲良しなのは「断然、妹!」なんだそうです。妹は”あさみ”さんというようです。一緒に買い物に行ったりもしていて、「渋谷で彼女とデート」していたなんて勘違いされるくらいだそうです。

松坂桃李の一家は交際相手を自宅に連れてくるという掟があるらしく、妹が過去に男友達を連れてきた際に「お兄さん」と呼ばれたことが松坂桃李は相当ショックだったらしく、母親に「俺はあいつなんて認めない!」と言ったそうです。

ここまでくると、もはや父親に近い感情を持っているんでしょうね。そしてお姉さんはどんな人なんでしょうか。

2歳年上の姉は”みほさんというようです。松坂桃李の兄弟の中でも姉が一番強いらしく、姉は松坂桃李のことを下僕扱いしていたそうです。

姉にジュースをつがされたり、「コンビニに行ってアイス買ってきて」と言われてパシリをやらされていたそうです。

女同士のきょうだいに囲まれているため、肩身の狭い思いをしていたそう。中でもにはかなりこき使われたらしいです。

母親の誕生日プレゼントを、松坂桃李が姉と一緒に買いに行った時に姉は母親のプレゼントの前に高級ブランドの財布売り場に行って「桃李、あなたわたしにまだプレゼントとか買ったことないよね?」と一言

お姉さんの財布を購入し、更には母親へのバッグのプレゼントも一人で購入したそう。

なんとも下僕扱いが過ぎるお姉さんですね。しかし時にはお弁当を作ってくれたり、優しいところもあるようです。

こんな強い姉と可愛い妹に囲まれた松坂桃李さんだからこそ、演技に幅が出て様々なところで応用が利くのでしょうね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)