森山良子の夫は誰?離婚した原因は?娘の旦那(小木博明)と2世帯同居?

「さとうきび畑」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞、金賞。「涙そうそう」で日本レコード大賞特別賞を受賞した人物といえば、森山良子さん

今回は森山良子さんの夫と娘にフォーカスします。息子は森山直太朗だということは周知の事実。では夫や娘ははどんな人なのでしょうか。

森山良子の夫は誰?離婚歴は?

森山良子さんは2度の結婚、2度の離婚を経験しています。

最初の結婚相手は森山良子さんのファンで、静岡県出身の1歳年上の上智大学の学生だったそうです。

1971年5月にハワイで結婚式を挙げ、同じ年に第1子の長女:奈歩さんを出産。授かり婚だったのかもしれませんね。

その後1975年に離婚親権は森山良子さんが持っています

最初の夫との離婚からわずか半年後、ジャズシンガー「ジェームズ滝」こと、良直嗣さんと再婚1976年4月23日に第2子の長男:直太朗さんが誕生します。

しかし、その結婚も長くは続かず離婚されました。

 

森山良子の夫と離婚した原因は?

まず最初の夫との離婚原因は、相手の幼稚さでした。

Aは実家が地元浜松で鉄工所を営むいわゆる跡取り息子で、社長を務める父親は自らは軽自動車に乗りながら、

息子にはスカイライン2000GT、トヨタ2000GT、フェアレディZなどスポーツカーを次々に買い与えていた。つまり典型的なボンボンだったのです。

いつまでも大人になりきれない夫に愛想を尽かしたんです。Aはあまりにもワガママで独占欲が強かった。」

きっと甘やかして育てられた夫は、大人の森山良子さんに依存してしまったんですね。これでは森山さんに負荷がかかりすぎてしまって、結婚生活が破綻するのは当然ですよね。

そして、現在もジャズシンガーとしてライブハウスなどで活動を続けている再婚相手の相良直嗣さんですが、どうやら価値観の違いで離婚に至ったようです。

そもそも森山良子さんのバンドの裏方仕事など、マネージャー役をしていたこともあることから性格はよく把握していたはずですが、一緒に住むとなると細かい部分ですれ違いが起きていたのかもしれません。

 

森山良子の娘は元歌手の森山奈歩。画像あり

森山良子さんの子供は息子と娘の二人がいます。言わずと知れた森山直太朗が息子、そして娘は森山奈歩さんといいます。

最初の夫との間に生まれた子供で、1971年12月5日生まれの現在47歳になる方です。

森山直太朗さんは異父弟になるわけですね。元々歌手として活動をしていましたが、現在は自身の活動はせず、直太朗さんのマネージャーをしてサポート役に徹しているようです。

 

森山良子が娘婿・小木博明と2世帯同居?

森山良子さんの娘、森山奈歩さんはお笑い芸人まちゃまちゃさんからの紹介で、ファンだったお笑いコンビ・おぎやはぎのボケ担当、小木博明(こぎ ひろあき)さんと交際に至ります。

6年間の交際を経て2006年10月に結婚,2009年1月23日には第1子の女の子(まある)さんが誕生。森山良子さんの初孫になりますね。

森山良子さんの自宅は現在、2017年3月に新築された「都心の一等地に地上2階・地下1階の大豪邸の2世帯住宅」に住んでいるようです。

同居は娘の奈歩さんからの提案で、高齢になる母親の面倒を見たいとの要望に、旦那の小木さんも同意して、自宅を建てる際に1億円以上の購入費用を出したそうです。

森山良子さんも娘の奈歩さんも成城学園高等学校出身であることから、自宅は東京都世田谷区成城ではないかといわれています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)