中川翔子は父・中川勝彦の死因が元でCM出演した?衝撃スキャンダル画像とは?

バラエティタレント「しょこたん」こと・中川翔子さんは、子供の頃に父親を亡くしています。

今回は、中川翔子さんの父親はどんな人だったのか、その死因とはなんだったのか,衝撃のスキャンダル画像に焦点を当てたいと思います。

中川翔子は父・中川勝彦の死因が元でACのCMに出演?


引用元:Google画像

 

中川翔子さんの父親は1980年代にイケメン歌手として人気があった、中川勝彦」さんです。

 

中川翔子さんの父親は、1992年9月に(中川翔子さんが9歳の時)「急性骨髄性白血病を発症し、9か月間の闘病生活を経て仕事に復帰しましたが、1994年8月に再発し32歳の若さで他界しています。

 

 

2015年、中川翔子さんが30歳の年に「解決!ナイナイアンサー 」(日本テレビ)で放送された番組に中川翔子さんは出演。今まで知らなかった事実を母親からの手紙で知る事になりました。

 

最後には母親から翔子に手紙が贈られ、そこには新たな事実が綴られていた。当時、父・勝彦は、骨髄移植によって白血病が治る可能性があった

家族全員調べたものの、一致する者はおらず、最後に翔子を調べようしたとき、「自分の命を助けるために、小さな翔子の体に負担をかけたくない」と骨髄検査を断っていた。その後、ドナーが見つからなかったために32歳の若さで亡くなった。

当時、翔子は「怖いからやりたくない」と断っていたことを覚えてはいるが、父親が自ら断っていたことを初めて知り、「考えてくれているとは思わなかった。申し訳なかった。感謝して生きていかなきゃと思いました」と涙ながらに語った。

引用元:エキサイトニュース

 

とのことでした。若くてかっこいい父親ですが、仕事が多忙だったのか家にいる事は少なく会う事は少なかったそうです。

 

骨髄バンクのドナー登録は、20歳以上、55歳以下という決まりがあるため、仮に適合したとしても中川翔子さんは骨髄移植をすることは出来ませんでした。

 

しかし、父親が自分の事をきちんと考えてくれている事を知った中川翔子さんは、骨髄バンクの事を真剣に考えるようになり、ACの日本骨髄バンクを支援するコマーシャルに出演して、ドナー登録を呼びかけています。

 

 

父親が亡くなってからは、父方の祖父に育てられたという中川翔子さん。父親の思いを知ってやっと父親へのコンプレックスをなくす事ができたのでしょう。

 

興味を持つキッカケ、知るキッカケがあるだけで、もしかしたら誰かの未来が助かる道が増えるかもしれない。それはとても大事だと思います

勝彦さんの亡くなった年齢32歳を超えた矢先のCM出演となりました。『お父さんが見守ってくれているのかな』と絆の深さを実感した彼女は、改めて『白血病の人を応援したい!』と決意したといいます」(音楽関係者)

引用元:エキサイトニュース

 

「オタク」なだけでない中川翔子さんの活動に今後も注目していきたいですね。

 

中川翔子さんもタレント・声優・女優とマルチに活動されていますが、父親は元祖マルチタレントだったようです。

 

【衝撃!】中川翔子の父・中川勝彦のスキャンダル画像とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

かっちゃん #中川勝彦#中川翔子#傑作#frompuberty#してみたい#聖者の群れ#火煙高田馬場#卒業式#32歳 #青春

shellyさん(@tvxqshelly)がシェアした投稿 –

 

中川勝彦さんが他界してから17年後の2011年ある画像がネット上に投稿されます。写真は全部で24枚。

 

どれもが「中川勝彦さんと女性が行為」をしている写真で、相手は中川翔子さんの母親ではありませんでした。

 

ちょうど、同じ時期に中川勝彦さんの肉声を集めた朗読CDが発売されていて、その話題性を使い販売促進に繋げようとしたのではないかともいわれています。

 

現在ではその画像は削除されているようですが、中川翔子さんはこのスキャンダル画像を見て、写真を破り捨てたといいます。

 

子供の立場からすれば、父親が複数人と関係を持っているなんて知ったら、怒りと反発心が出るのは当然のことだと思います。

 

思春期真っただ中だった当時は怒りしか覚えなかったそうですが、現在では父親のモテぶりから考えてもそれぐらいあるよね、と客観的に思えるようになったそうです。

 

中川翔子の父は歌手だけでなく多才な人物だった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

懐かしのレコードpostですみません💦💦 只今 断捨離中につき、出るわ出るわ…懐かしのレコードやビデオテープ、カセット… 音楽好きなもので…収集癖もありまして…かなりの量、静かに潜んでおりました 笑 離れを増築した際に片付けて以来、母家2階は納屋状態。 只今 片付けに必死っす! 大好きな勝ちゃんのレコード諸々も…やはり捨てることは出来ません 笑 アルバム、シングル、同じくCDもすべて… 人生最期旅立つその日まで、大切に持っておこう。 やっぱジャケ飾ろ♡ 笑 #中川勝彦 #かっちゃん #殿堂入りの想い人 #美形よね #吸い込まれそうな大きな瞳 #でも笑うとくしゃっと無くなる優しい目 #忘れられない #生きてたら間違いなく素敵なおじ様

だんご(ㅅ´˘`)♡さん(@tvxq5jjlove2)がシェアした投稿 –

 

中川翔子さんの父親・中川勝彦さんは、超高級住宅地・東京都文京区の会社社長の長男として生まれました

 

エリートへの王道コースと呼ばれる、文京区立真之小学校から文京区立第六中学校へ進み1978年に慶應義塾高等学校へ進学大学は早稲田大学にも合格したものの、慶應義塾大学へ進学しましたが中退しています。

 

かなり頭の良い人物だということが分かりますね。1980年、高校三年の時にNHK「ヤングミュージックフェスティバル」に出場して、それがデビューのきっかけとなりました。

 


引用元:Google画像

 

80年代前半当時では珍しい、ビジュアル系アーティストとして活動していたようです。画像をみてもらえば分かる通り、現代でも「美男子」で通用する人ですから、どんな姿をしていてもその色香やイケメンさは隠せなかったのでしょう。

 

映画やドラマで俳優としても活動していて、ラジオで下ネタを大真面目に語るなど、気さくで腰が低く茶目っ気のある人物だったそうです。そのため、放送禁止用語発言で2度ほど謹慎処分を受けた事もあるようですね。

 

そうした人気沸騰中に中川翔子さんの母親のお腹には新しい命が宿ります

 

それをきっかけに結婚するのですが、アイドル的路線で売っていた矢先の事でもあり、イメージダウンを避けるためにデキ婚&結婚の事を報告したのは、ごく限られた信頼できる友人と関係者だけでした。

 

中川勝彦と親友だった、北野誠が言っていた。

「10歳近く年上のホステスとやったら相手が妊娠してしまった。デビューしたばかりだしどうしよう。 堕してほしいが、赤ちゃんを〇すことになってしまうのは悲しい」 と相談されたと。

「あの時の赤ちゃんがしょこたんなんやね。生んでよかったわホンマ」とか 言ってたが、これ子供が知ったらキツいでしょ。

引用元:NEWS まとめもりー

 

そのため、中川翔子さんがタレントとして活動を始めて、中川翔子さんが自身の口から「中川勝彦」さんの娘であることを告白するまで、中川勝彦さんが家庭をもっていたことも、子供がいた事も知られないままだったようです。

 

往年のファンからは「隠し子」の告白当時はかなり複雑な胸中だったようですが、今では中川翔子さんを応援しているそうです。

 

中川翔子に死後、父からメールが届いた?


引用元:NEWS まとめもりー

 

突然ですが、中川翔子さんは霊感が強い人なんだそうです。

 

怖い話も好きらしく、ホントかウソかは不明ですが、9歳の時に父親が亡くなってから起きた、ある不思議なメール」事件があるそうです。

 

父が大切にしていた懐中時計の時刻が父の亡くなった時刻で止まる、自宅にいる時に誰もいないはずの2階から足音が聞こえる、締めきった部屋で何故か髪がなびく。

など初めは怖かったそうですが段々とそのような不思議な現象に慣れて来ていた頃のある夏の夜、自宅で眠っていると突然金縛りに。

しばらくすると机の上のパソコンの電源が勝手に入ったのが見え、キーボードを叩く音が聞こえたそうです。

その数か月後、今まで開いたことのなかったメールソフトを何気なく開いてみると下書きに1件メールが入っていたそうです。

そのメールに本文は無かったが、件名にkatsuhikoと、宛先のところにnakagawakatsuhikoと父の名前が入っており、作成された日付は7月20日、父、中川 勝彦さんの誕生日でした。

思い返すと、金縛りにあいパソコンからキーボードの音が聞こえた日も父、中川 勝彦さんの誕生日だったそうです。

引用元:気になるニュース

 

中川翔子さんは、「父親が会いに来てくれた」と思っていたそうですが、ある番組でそれは父親ではなく、女性の霊が起こしたものだと言われ、除霊したのだそうです。

 

効果があったのか、俳優の小沢亮太さんとの交際が報じられたと思ったら、小澤亮太さんに「隠し子」が発覚。これはやっぱり、皮肉が込められた作り話だったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)