野茂英雄の息子は通訳なの?次男は東大生ってホント?

日本人として31年ぶりにメジャーリーグに挑戦し、輝かしい成績を残してメジャーリーグへの道を切り拓いた野茂英雄さん。

今回は、野茂英雄さんの息子さんが通訳をしているとの話を聞いて、どこの球団で誰の通訳をしているのか詳細を追ってみました。

野茂英雄の息子・長男(貴裕)はレアードの通訳をしていた!

今でも「トルネード投法」と聞けば、野茂英雄だと答えられる人は多いはずです。

野茂英雄さんは、近鉄バッファローズで、最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率の4冠を獲得するなど実力を発揮し、1995年2月8日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結びました。

1964年に史上初の日本人メジャーリーガーとして活躍した村上雅則さん以来、31年ぶりのことでした。メジャーリーグ挑戦当時大バッシングを受けながらも、見事に実力で批判をひっくり返したのが野茂英雄さんです。

野茂がロサンゼルス・ドジャースと契約すると、ファン、プロ野球界、そしてマスコミから「売国奴」と一斉非難を浴び、王、長嶋、星野仙一などの著名人までもが野茂を徹底非難、さらに実の父親ですら、しばらく口を聞いてくれず、野茂がドジャースの関係者と会うため、成田空港から飛び立つ時には、ほんの一握りのマスコミしか姿を見せませんでした。

野茂英雄さんは、メジャー通算で123勝奪三振1918個という成績で、一気に批判を称賛の嵐に変えました。野茂英雄さんは言います。

挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです」

「現状には決して満足したくない。それなら最後まで自分がなりたいピッチャーのイメージを持ち続けて挑戦して行こうと思うんです。

なれるとかなれないとか考えていたって一歩も前には進めません。やるかやらないか、それしかないのですから」

強い精神力、それが野茂英雄さんの真骨頂なのでしょうね。そんな野茂英雄さんの血を継いだ長男貴裕さんは、日本プロ野球球団の一つ、日本ハムファイターズで通訳として活動されています。

2016年9月3日、日ハムのレアード選手のヒーローインタビューでは、やや早口で緊張している感じがありますが、1年後の2017年8月25日のヒーローインタビューでは、落ち着いた口調で淀みなく話されいて、通訳としての成長がよく分かります。


長男・貴裕さんが通訳が出来るほど英語が堪能な理由は、子供の頃からの教育の賜物です。

 

野茂英雄の息子・長男(貴裕)の高校や大学はどこ?

3歳の頃には父親についてアメリカで過ごしていましたが、小学生の頃には日本へ帰国し、東京都世田谷区にあるセント・メアリーズ・インターナショナルスクールへ通っていたそうです。

高校までの一貫教育を終えた後、アメリカのカルフォルニア州シリコンバレーにある、私立メンロ・カレッジ大学へ進学。

2014年に大学を卒業した後は2015年1月1日から日ハムへ通訳として入団します。

話せる言語は3か国語で、英語・日本語・スペイン語が話せそうです。地球上のほとんどの国で言葉が通じる事になりますね。

 

野茂英雄の息子・長男(貴裕)の現在は日ハムを退団!


2018年12月27日、衝撃の発表がありました。

日本ハムは27日、米大リーグで活躍した野茂英雄氏の長男で通訳の野茂貴裕氏、トレーナーの本田訓宏氏、白水直樹氏が今季限りで退団すると発表した。

通訳は裏方のため、会見やコメントはなく、野茂貴裕さん自身のSNSやブログも無いようなので、一体なぜ退団したのか、理由は不明のままです。

2018年の終盤で中嶋聡バッテリー兼作戦コーチが退団したと思ったら、プロ経験のないスカウト原田豊氏を総合コーチにしたり、日本ハムの内部の動きが慌ただしく動いていますし、チーム内で軋轢があったのかもしれませんね。

長男・貴裕さんの今後がとても気になりますが、現在の情報は見当たりませんでした。

 

野茂英雄の息子・次男は東大生?

野茂英雄さんの次男について、ネット上で探せる情報は、「東大生だった」という事だけです。

2014年、2(5)ちゃんねるに「野茂英雄の次男が東京大学在学という事実」というスレッドが立ちました。おそらくはこれがネタ元ではないかと推察します。

帰国子女入試突破」や、(2014年当時)「現在2年生」など、かなり具体的に指摘していますが、確証のある話ではありません。

本当だとすれば、世界に実力を証明した父親のようなスポーツではなく、学力で勝負する方向へ人生の舵を取ったのかもしれませんね。

 

野茂英雄の息子・貴裕の野球経験は?

野茂英雄さんの息子という事で、どうしても気になる貴裕さんの野球経歴ですが、日本ハムに通訳として就任した際、スポーツ雑誌「Number」のインタビューでの回答がこちらです。

――立派な体格ですね。身長、体重を聞いてもいいですか

174cm、113kgです。

――野球のご経験は

ちゃんとしたチームに入ってプレーしたのは、中学生から高校までです。小学校時代は父とキャッチボールとかはしましたけど、そこまで真面目にやろうとは思わなかったんです。でも小学校6年生ぐらいから少しずつ興味を持ち始めて。

――やはり甲子園に憧れたとか

いえ、小・中・高と都内のインターナショナルスクールに通っていて、そこのチームに入ったので、もともと高野連には加盟していないんです。対戦相手はもっぱら他のインターナショナルスクールだったり、米軍基地内の学校だったり。

――大学では?

していません。大学はサンフランシスコにあるメンローカレッジという大学に通っていたのですが、友だちに頼まれて大学2年、3年とマネージャーのような仕事をしていました。

選手時代のポジションはファーストだったそうです。本格的に野球をする事よりも、それをサポートする方向で野球に関わっていく方が、自分には合うと思ったのかもしれません。

大学ではスポーツマネジメントを専攻していて、大学2年生の終わり頃には、球団経営に携わるような仕事をしたいとも思っていたそうです。

もしかすると、現在は経営者としての道を模索しているかもしれませんね。

 

野茂英雄の息子・貴裕は結婚しているの?

野茂英雄さんの息子・貴裕さんは1992年生まれで今年27歳になりますね。そろそろ結婚の話が出てきてもおかしくはない歳ですが、結婚はされているのでしょうか。

残念ながら、彼女や嫁に関する情報は一切出てきませんでした。野茂英雄さんの息子として、様々な場面で比較され、本人の意思とは無関係に話題になってきた貴裕さん。

その彼女や嫁となれば、さらに格好のネタになってしまいますから、なかなか相手選びには苦労しているのかもしれません。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)