【祝!成人】野村萬斎の息子が通う学校はどこ?立教大学?それとも慶應?

狂言師・二世野村萬斎(本名・野村武司)さんは、狂言方和泉流の能楽師の家系出身で、4人兄弟の3番目に生まれました。

他の兄弟は皆女性だったため、唯1人の跡取り息子として育てられます。

現在では重要無形文化財「能楽」保持者に認定されるほどの実力を持ち、なおかつ俳優としても活躍しています。

野村萬斎さんの息子は、父親と同じように狂言師として活躍されていますが、大学生として勉学に励んでいるともいいます。

今回は、野村萬斎さんの息子に注目してみたいと思います。

【画像あり】野村萬斎の息子の年齢は20歳に!現在は大学生?

 

野村萬斎さんは、1996年に小学校からの同級生である3歳年下の千恵子さんと結婚。千恵子さんはCA(客室乗務員)をしていた経験があるそうです。一般人のため、千恵子さんの画像は一切ありません

 

その後、野村萬斎さんと千恵子さんは、3人の子供を授かっています。

 

1997年10月に第1子の長女である彩也子(さやこ)さん、1999年10月9日に第2子で長男の裕基(ゆうき)さん、2006年に第3子の次女彩加里(あかり)さんが誕生。

 


引用元:bibibi-make!

1999年10月9日生まれということは、裕基さんは2019年で20歳。成人を迎えられるのですね!

 

現在裕基さんさんは、現在大学に通いながら狂言師の活動を行っているようです。大学進学を機に、親元を離れて一人暮らしをされているそうです。

 

 

2018年9月にフランス・パリで行った親子3代での公演「三番叟(さんばそう)」公演や、2019年8月8日に行われた「第22回夏季狂言の会」など祖父や父親と公演することが多いようですね。

 

おそらく祖父や父親と違って知名度が低いため、「顔見せ」の意味もあるのではないでしょうか。

 

 

野村萬斎さんは俳優としても活動されていますが、ゲスト番組にも多数出演されていて、息子さんに対する想いを語る事があります。

 

 

2015年6月6日に「サワコの朝」にゲスト出演した野村萬斎さんは、裕基さんが狂言に興味を持ち始めて、「父親」ではなく「師匠」として狂言を教え始めた時、裕基さんから問われた事に対する返答がこれだったそうです。

 

なんで狂言やらなきゃいけないの?はなんで生きなきゃいけないの?に等しいな。自分に埋め込まれた狂言的サイボーグのチップ心の中の異物感としてある。

その異物で生きてることを証明しなきゃいけないんですよ。そのチップでお客さんに楽しんでいただき生きている価値を実感する。

そこのアイデンティティに関しては苦しんだので自分で「やろう」とする瞬間がないと、苦しいんじゃないですか。

無理やり「やれ」といってもそれは芸が許さないんじゃないですか。

引用元:.net.amigo

 

代々続く、能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡としての重圧は、相当なものであるだろうことは想像に難くありません。

 

たまたま、生まれた場所が伝統芸能の家だった。それでも、その家に生まれた事や伝統を受け継いでいくことに対する強い覚悟を感じます。

 

きっと、裕基さんも父親と同じように悩みながらでも狂言師としての人生をいきていかれるのでしょう。もっと「狂言」という世界が世に広まると良いですね。

 

野村萬斎の息子は娘の通う慶應か立教大学とのウワサは本当?

 

ところで、野村萬斎さんの息子・裕基さんはどこの大学へ通っているのでしょうか。

 

大学では「法学部」に通っているそうですから、2つ年上の姉・彩也子さんは慶應義塾大学へ通っているので、同じ大学へ通っている可能性もあります。

 

野村萬斎の娘(長女)・野村彩也子は慶應大学のミスコンでグランプリを受賞!ミス慶應から芸能界デビューする!?

2019.09.14

 

しかし、ネット上では野村裕基さんは「立教大学」へ通っているとの情報が有力です。

 

 

その根拠として、2011年1月24日(月)に立教小学校設立63周年記念能楽鑑賞会が行われましたが、「保護者として野村萬斎さんが協力されているのです。

 

本校の保護者でもある観世清和氏と野村萬斎氏全面的なご協力により、観世能楽堂にて、低学年・中学年・高学年に分かれ、2学年ずつが能楽鑑賞会に参加しました。

引用元:立教小学校

 

立教学院は小学校から大学までの一貫連携教育を教育方針に置いています。立教高等学校の8割の卒業生は立教大学へ進学するようです。

 

そのため、野村裕基さんが立教小学校に通っていたということは、現在は「立教大学」の学生である可能性が高いのです。

 

野村萬斎さん自身は、筑波大学附属中学校・高等学校を経て、1989年に東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻を卒業していますし、長女は慶應義塾大学、長男は立教大学と、高学歴一家なのですね。

 

野村萬斎の息子は高身長?くもんのCM出演で目や首が特徴的でブサイクに見える?

 

野村萬斎さんと野村裕基さんは、2017年に公文のCMで共演しています。当時、野村裕基さんは高校3年生で17歳でした。

 

野村萬斎さんは身長が174センチだと公表されていますが、その父親と比べても身長が高い事が分かります。

 

息子の裕基さんはプロフィールが公開されておらず、正しい身長は分かりませんが180センチ前後であることは間違いありません。

 

 

また、野村裕基さんの目が離れているとか、首が長いことが気になる人もいるようです。

 

野村萬斎さんと比べると、小顔で体つきがほっそりしているんですよね。女性と比べても細いのではないかと思うほどです。首が長く見えるのも顔が小さいために首が目立ってしまうようです。

 

 

こちらの動画を見ると、意外に野村萬斎さんも首が長いように見えます。頭を引くとそれが顕著に表れるようですね。

 

ネット上には「ブサイク」なんて言葉が検索されているようですが、ふつうに「イケメン」男子だと思います。

 

20歳の頃でこの顔つきなら、父親と同じ50歳頃にはとても凛々しい素敵な男性の顔つきになっているのではないでしょうか。人は成長と共に顔つきが変わっていくものです。

 

 

野村裕基さんは、今まで祖父や父親と公演を行ってきましたが、ついにバラエティ番組でソロデビューを果たしました。

 

これから先、独り立ちしてゆく野村裕基さんを応援していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)