荻野目洋子の旦那は辻野隆三!職業は?現在はテニススクールを経営している?

2014年7月にデビュー30周年を迎え、芸能活動を再始動させた荻野目洋子さん。

2017年には「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」を取り入れた芸人・平野ノラのネタを元にした、大阪府立登美丘高等学校ダンス部が、第10回日本高校ダンス部選手権夏の公式全国大会のビッグクラスで準優勝した動画がyoutubeにUPされ、1000万以上再生され、再ブレイクしました。

そんな荻野目洋子さんの旦那さんはどんな方なのでしょうか。気になる職業や画像を調べてみました。

荻野目洋子の旦那の職業はテニススクールスタッフ?

辻野隆三さんは2003年に現役を引退した後、後進の育成のために、「MIRAI TENNIS ACADEMY」を設立しました。

本格的に試合に勝ちたい人向けから主婦層・子供向けなど様々なクラスがあり、個人の技術や体力に合わせて、コーチ一人につき生徒8人態勢でテニスの楽しさや面白さを伝える活動をされています。

日本テニス協会では、ツアー機構事業推進本部プロツアー委員長、事業推進委員、専務理事直轄ジャパンオープン委員、常務理事会直轄国際委員を務めています。

日本プロテニス協会では平成25年度・26年度の2年間、常務理事を務めている辻野隆三さん。また、GAORAや日本放送協会テニス解説者としても活躍されています。

現役時代にはなかなか実績が伸びなかった辻野隆三さんですが、現在は指導者として多方面に多くの知識と技術を伝えられているようです。

 

荻野目洋子の旦那は「消えた天才」辻野隆三!画像は?

2019年1月3日に新春3時間SP「消えた天才」で、松岡修造が唯一勝てなかったという人物が紹介されました。それが元プロテニスプレイヤー辻野隆三さんです。

辻野隆三さんは、8歳からテニスを始めて実力を順調に伸ばしていきました。堀越学園高等学校時代の1985年、1986年、1987年に全日本ジュニア選手権(U-18カテゴリー)で3連覇しています。

この記録は前人未踏の快挙だったそうです。この時、1985年の決勝戦で当時柳川高校の松岡修造さんと対戦して勝利しています。高校3年の時には高校総体で団体初優勝に導き、個人でも優勝しています。

プロデビュー後、アメリカ合衆国のフロリダ州にあるテニスアカデミーIMGアカデミーと契約、日本人第1号となります。

しかし、あまりに厳しいトレーニングと世界との実力の壁を知り、世界ランキング354位という、プロとしては実績を残すことが出来ませんでした。2003年に現役を引退しています。

荻野目洋子さんと、辻野隆三さんは2001年に結婚されています。

馴れ初めは、堀越学園高等学校の同級生だった事だそうです。荻野目洋子さんは芸能コース、辻野隆三さんは体育コースだったので、同じクラスではなかったのですが、出席日数が足りず補習授業を受ける事になり、そこで意気投合。交際に発展。交換日記でお互いの近況を知らせていたそうです。

交際していることが事務所に知られ、結婚か仕事かを選べと言われ別れる事なりました。

そこから10年以上経った31歳の時、よく通うレストランの常連に辻野隆三さんの名刺が置いてあり、懐かしくなって連絡を取ったことから、改めて「価値観が一緒」だと感じ、再度交際に発展しました。

2001年に結婚した時、すでに荻野目洋子さんは妊娠4ヶ月でした。その後、2002年に長女:加凜(かりん)さん、2004年に次女:杏(あん)さん、2006年には三女:空(そら)さんを出産。長女はテニスをしているそうです。

荻野目洋子さんは、しばらく育児に専念していましたが、育児が一段落した事と、デビュー30周年という事もあり、2014年から芸能活動を再開しています。

 

荻野目洋子の旦那の結婚歴は?離婚した前妻はだれ?

荻野目洋子さんの旦那について調べると、なぜか「前妻」とか「離婚」という検索ワードが出てきます。

しかし、荻野目洋子さん・辻野隆三さん共に初婚のはずです。それなのに、なぜ再婚なんて話がでるのでしょうか。

それはおそらく、一度は別れて、再会して結婚した経緯から、再(会)婚と言われているのではないかと言われています。

2016年5月25日に荻野目洋子さんと辻野隆三さんは15年越しの結婚式を人前式で行いました。

「歳を重ねていって、自分が本当に夢中になれるもの、好きな人や物に囲まれている事がこんなに素敵なことだとは知りませんでした。1日1日を大切にお互いを支え合ってきたからこそ、プレゼントをもらえた。」

結婚はしたものの、仕事が多忙なため結婚式を挙げる事が出来なかったようですね。辛い事があった時も嬉しい事があった時も、隣にいて支え合える人がいることは、なによりの幸せですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)