大久保嘉人の嫁が病気(癌)で死亡のウワサ?現在は完治?子供の学校は?

元日本代表選手で川崎フロンターレから、ジュビロ磐田に移籍されたサッカー選手の大久保嘉人さん。

今回は小久保嘉人さんの嫁が死亡したというウワサの真相、子供たちの名前や学校について調べてみました。

大久保嘉人の嫁が病気(癌)で死亡のウワサ?

 

2004年12月に、国見高校の同級生だった元キャビンアテンダントの林田莉瑛さんと結婚。莉瑛さんの父親は大久保さんの中学生時代にお世話になったサッカーの恩師なんだそうです。

 

2008年1月5日に御崎公園球技場(ホームズスタジアム神戸)内の施設で結婚式を挙げていて、その際スタジアム内で嫁側のチームとセレモニーマッチを行ったという派手な結婚式だったようですね。

 

とても可愛らしい方に見えますが、「鬼嫁」との定評があるのだそうです。30歳後半に入っても現役でいられるのは梨瑛さんのおかげだといわれています。大久保嘉人さんいわく、「この世で一番恐いものは、奥さん」だそうです。

 

 

そんなある日、2015年の夏に梨瑛さんは流産されてしまいます。流産だけでも辛いのに、胞状奇胎だった事が判明します。

 

受精卵に異常があると、胎児に成長できずに胞状奇胎になることが多く、このような妊娠を奇胎妊娠といいます。患者は妊娠したように見えますが、子宮は正常な妊娠時と比べてはるかに速く大きくなります。ほとんどの場合、吐き気や嘔吐がひどく、出血や著しい血圧上昇がみられます。

 

吸引により子宮内容除去術を行うことで奇胎を取り除きます。胞状奇胎がなくならない場合は、化学療法が必要になります。

 

胞状奇胎の約80%は良性です(がんではありません)

 

約15~20%は周辺組織に広がり、持続する傾向があります。それらのほとんどは侵入奇胎(すなわち侵入胞状奇胎)と呼ばれるものです。そのうち約2~3%はがんになり、全身に広がるようになります。それらを絨毛(じゅうもう)がんといいます。絨毛がんは、リンパ管や血流を介して急速に転移することがあります。

引用元:MSDマニュアル

 

つわりに似た症状が出て、医者に行くとお腹にあるのは胎児ではなくたくさんの筋子のようなものだった、というような状態になるのが胞状奇胎と呼ばれる病気のようです。

 

梨瑛さんの場合は、手術をしても状態が良くならず「奇胎後hCG存続症」という状態になり、抗がん剤を投与することになったようです。

 

 

梨瑛さんの抗がん剤治療が始まった事で、大久保嘉人さんは奥さんの脱毛への不安を取り除くために家族みんなで丸刈りにしたインスタ画像を投稿されていました。結果的には脱毛はそれほどひどくはなかったようですけどね。

 

梨瑛さんも、相当な心労を抱える中でこうして辛さを分かち合おうとしてくれる家族がいるということは、どんなにか心強かったことでしょう。

 

 

安心してください。今ではすっかりフッサフサ家族です!

 

それなのに、なぜ「嫁が死亡」という検索ワードがあるのでしょうか。

 

 

とんでもなく不謹慎な中傷コメントを「はらくま」という人物がした事に端を発しているようです。これには大久保嘉人さんも大激怒されていました。当たり前ですね。

 

今までたくさん批判されてきた。プロである以上、それは当然だし、批判は真摯に受け止める。サッカー以外のことを言われることも多い。それは我慢してきた」

「でも、人として許せないことが、俺にもある。言うか、言わないか迷ったけど、それはどうしても我慢できない」

引用元:Jcastニュース

 

大久保さんはこのようにツイートされています。自分に言われる非難ではなく、嫁に対しての中傷コメントに怒りを隠せなかったようです。

 

抗がん剤投与を受けていた事は確かですが、現在も梨瑛さんはご健在です!

 

大久保嘉人の嫁の治療が完了したことをブログで発表!

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は結婚11周年記念日に加えて、ダブル退院祝いでした。ご心配お掛けしましたオレの扁桃腺炎と、妻の抗ガン剤の治療が終了しての退院祝い。 家族みんなで笑顔で迎えることができてハッピーだ‼︎ 妻には息子達のテーマカラーである碧、緑(葉っぱだな)、橙でお花屋さんにオーダーした花束を柄にもなくプレゼント。 お留守番を頑張った息子達の希望で、お魚を釣って食べれる「ざうお」へ。子守を頑張ったばあちゃん、サプライズのタルトケーキを用意してくれた義理妹、お祝いプレートをくださったお店の方もみんなありがとうございました‼︎たくさん釣れたし食べたし「冬にはみんなでもっと笑っていたい」が実現。これからもみんなで仲良く笑っていよう! 妻の闘病中、たくさんの励まし、お見舞いをいただき本当にありがとうございました‼︎これからは血液検査などで経過観察が必要ですが、いつもの日常がようやく戻ってきました。家族一同心から感謝いたします。 #最高の記念日!@ざうお

大久保 嘉人(@yoshito13)がシェアした投稿 –

 

2015年12月1日、退院報告をされた大久保嘉人さん。今か今かと待ちわびた退院だったでしょうね。

 

家族の支えもあって、体調は徐々に回復していったようです。

 

翌年まで、検査や検診で病院へ通院していた梨瑛さんでしたが、ちょうど1年後の2016年12月1日に第4子の妊娠報告をされました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

結婚記念日&報告 今日12月1日は12回目の結婚記念日でした。ちょうど1年前に同じように記事をアップして、そこで妻の胞状奇胎後のhcg存続症を治す抗がん剤治療終了と退院の報告もさせてもらいました。 2015年の夏に流産し、いつかまた子供が欲しいと思って入退院を繰り返し抗がん剤治療を終えて家族揃って笑顔で結婚記念日を迎えることができた日を思い出します。その後も検査や検診で病院に通っていましたが、今日もまた笑顔での記念日です。 そして報告です。妻のお腹に新しい命を授かりました。あの三兄弟に加えさらに宝物が増えます。こうして、幸せな報告ができるのも皆様にたくさん励ましていただいたり、助けてもらったおかげだと感謝です。ありがとうございます! これからも家族仲良く頑張ります。

大久保 嘉人(@yoshito13)がシェアした投稿 –

 

辛い時期を乗り超えての妊娠は本当に嬉しかったことでしょう。

 

流産してしまった事は悲しい出来事だったと思いますが、新しい家族が増えた事で悲しみも少しづつ癒えていくといいですね。

 

大久保嘉人の子供の名前は?4人目の性別は?

 

2005年に長男:碧人(あいと)くん、2010年に次男:緑人(りょくじ)くん、2012年に三男:橙利(とうり)くんが生まれています。

 

そして2017年3月31日に4男:紫由(しゆう)くんが誕生しています。胎児への病気の影響などが気になりますが、結論から言うと全く問題ないようです。

 

侵入奇胎や絨毛癌を患っているかたは20~30代の若いかたが多いため、治療後、妊娠を希望されるかたには出来る限り化学療法のみで治療を行い、その後妊娠・分娩ができるような治療方針になっていますし、治癒終了後は、6ヶ月から1年間避妊は必要となりますが、その間に血液中のhCG値の再上昇などの再発徴候がなければ通常通りまた妊娠や出産ができるそうです。

治療後に妊娠した場合の流産率や出産した児の奇形率なども、一般の健康な妊婦さんと比べて特に差はないので、安心して次回の妊娠・出産に臨めるとのこと。

したがって、莉瑛さんは、抗がん剤治療を受けますが、前癌状態での治療の為、完治率は極めて高そうで、命に別状もないと思われます。

引用元:徒然なるままに

 

梨瑛さんの病気は、もう心配いらない状態になっているようです。男の子ばかりですが、その分遠慮なく賑やかな家庭になるのではないでしょうか。

 

それにしても、名前にそれぞれ色が入っているのはなぜなんでしょうか。調べてもその理由は分かりませんでした。大久保さんなりのこだわりがあるのでしょうね。

 

大久保嘉人の子供の小学校はどこ?

 

大久保嘉人さんの子供たちが通う学校はどこなのでしょうか。

 

インスタには2018年3月に長男・碧人君の小学校卒業写真と中学校入学写真がアップされています。

 

 

どうやら兄弟で皆同じ小学校へ通っているようです。三男・橙利(とうり)君の入学式の制服は長男・碧人くんと全く同じですから。

 

 

大久保嘉人さんの自宅は神奈川県横浜市青葉区のあざみ野にあるという情報がありますので、その近くではないかと思います。

 

よく見ると横浜市立という文字が見えますね。小学校は家から通える距離だとすれば、横浜に自宅があるのは間違いないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.