ラサール石井の嫁(石井桃圭)の薬剤師国家試験の結果は合格?不合格?嫁の大学はどこ?

クイズ番組やテレビドラマなどで活躍しているラサール石井さん。今回は、ラサール石井さんの嫁が薬剤師試験を受けたとのことで、試験の結果や馴れ初めについて、注目してみたいと思います。

ラサール石井の嫁の薬剤師国家試験の結果は?元ホステスだった?

ラサール石井さんの嫁は、大学は千葉科学大学動物薬学コースを中退して、帝京平成大学の薬学部に入り直して進学されています。

薬剤師の国家試験の結果は合格でした。

2019年2月18日、「徹子の部屋」に出演された際、現在は自身の薬局を経営していることを告白されています。

ラサールさんの嫁、桃圭さんは薬剤師志望だったのですね。結果は見事合格だったそうで良かったです。ただちょっと気になる話もありました。

まあ元獣医学科中退で、奨学金の返済も残ってるまま、薬学部に入ってて
とんでもない学費を返済する為に、銀座でホステスしてたらしい

大学の奨学金の返済に困っている人たちはたくさんいますから、一番早く女性がお金を得ようとしたらこの選択はアリかな、とは思います。綺麗な方ですしね。過去形のようなので、ラサールさんと結婚した事もあっておそらく奨学金の返済は済ますことが出来たのではないでしょうか。

ちなみに、ラサールさんは東大合格を目指しているようですが、嫁の方が早く結果をだしたことになりますね。

⇒ラサール石井の子供や子供時代についてはこちら

 

ラサール石井の嫁(石井桃圭)は娘より若い32歳年下?

ラサール石井さんは2011年1月に32年間(うち15年間は別居)連れ添った前妻と離婚していますが、2012年1月に32歳年下の現役女子大生の石井桃圭(いしい ももか)さんと再婚しました。ラ・サールさんは結婚発表時、まだ奥さんの顔出しがありませんでしたが、”小池栄子さん似で168cmのスリムな女性”と紹介していました。

――出会いはいつごろ?
2011年の9月くらい。僕の友達のお店に行ったら何人か女性がいて、そのうちの1人が桃圭だった。かねてから交際していたとか、報じられてましたけど間違いなんですよ。

――プロポーズの言葉は?
ずっと一緒にいたい。確実に僕が先に逝くけどいい?』って。そうしたら、『私が幸せにします』って言ってくれました。指輪は11月に(彼女の)誕生日にあげました。

――出会って4ヶ月のスピード婚ですが?
ちょっと早いと思ったけど、向こうの親御さんにも暮れぐらいに会いました。3月くらいかと思ったけど、いろんな写真誌に撮られるのもあれだったので、1月11日に入籍しました。大安で“1並び”だったので。彼女には、お母さんしかいないんですけど、『世界中が反対しても私は賛成』と言ってくれるお母様。今はお母様の再婚相手を探してます(笑)。

こんな年下だと、ロリコン好きと言われるけど、彼女は24の成熟した女性。たまたま好き合った人が若かっただけです。

娘よりも若い嫁をと結婚したラサールさんですが、その嫁は金銭目当てなのではないか、との疑惑もあるようです。

「ラサールは桃圭との馴れ初めについて、『知人のお店に行った際、何人かの女性グループがおり、そのうちの1人が彼女だった』と説明していますが、桃圭はいわゆる“パーティーメイツ”というやつで、お金持ちや有名人が集うレセプションパーティーに出入りしていたんです。ラサールとは、そのパーティー経由の合コンで知り合ったと聞いています」(同)

加藤茶の嫁・綾菜を生んだ謎の集団「金持ちと結婚する会」 あのラサール石井さんの奥さん(現役女子大生)も加入していた。 そういう子とは、“収穫祭”という名のランチ会を行っています。どんな男とつながったかをぶっちゃけ合う会で、 乾杯の音頭はいつも「働け、耕せ、私に貢げ! カンパ~イ!」

「私くらいの年の人が若い人と結婚したんですから、“甘やかす”でしょ?」と笑顔で話す石井。2011年の1月に32年間連れ添った妻と離婚した際、彼の手元には3000万円ほどの貯金が残っていたという。その貯金のほとんどが新居の頭金や家具の購入、妻のために購入した骨董品や洋服代で消えてしまったと語る。

これだけを見ると、完全に玉の輿目当てだとしか思えませんが、実は桃圭さんにはある性癖があったようです。

桃圭さんんは過去に70歳と付き合ったこともあるそうで、恋愛対象は超年上模様です。

――奥さんはどんな女性ですか?
年上が好きで、50歳以上じゃないと魅力を感じないみたい。どストライクは児玉清さんやニコラス・ケイジとか。老眼鏡をかけるとこが萌えってなるみたいで、加齢臭も好きみたい。バラエティ番組を見ない人で、2ちゃんねるやニコ動を見てるオタクな子。僕のことも最初はあいまいで、知らなかったのかも。

結婚会見で、週2回励んでいるという45歳差婚の加藤茶(69)に対抗して、週3宣言も飛び出していたが、「跡継ぎ? それはないかもしれない。老後は薬局をやって、店番してるおじいさんになろうかな」と笑顔で話していた。

なるほど、納得ですね。人には十人十色の好みがありますが、超年上好みの人もいるのですね。それならば、ラサールさんはどストライクではないにせよゾーンの中には入っていたという事なのでしょう。

2018年12月現在でも、ラサール石井さんと桃圭さんの間には子供はいないようです。

 

ラサール石井の離婚した前妻との離婚理由とは?

石井は早大在学中に入所した劇団「テアトル・エコー」養成所で劇団員女性に一目ぼれし、1979年に結婚。前妻は「コント赤信号」がブレークする前の下積み時代の石井を支え、28歳と27歳になる2人の娘をもうけた

しかし、石井は仕事が多忙になった95年ごろから都心にマンションを借りて1人暮らしを始め、別居状態が続いた2010年に離婚協議が始まり、2011年1月に離婚届を提出し、32年間の結婚生活にピリオドを打った。

元嫁とは、ラサールさんが芸能界でブレイク前の1979年に結婚していますので、”糟糠之妻”といった言われ方をされることも。そんな前妻との離婚理由・経緯についてラサールさんは、”けじめ”と語りました。

32年間連れ添ってきた妻と15年の別居の末に離婚したラサールは「ダラダラしていても良くないと思ったので、けじめと思って」と離婚の経緯を語り「素晴らしい奥様でした。これからも感謝し続ける。(自分は)夫として父親として、赤点だった」と語った。

長年夫婦として暮らしてきて、さらに長年の別居の末に離婚を決意されたのですね。けじめをつけたきっかけは何だったのでしょうね。

 

ラサール石井の嫁(石井桃圭)のカップは?画像はある?

桃圭さんがこんなにも話題になっている理由、『高学歴』や『歳の差婚』ということもありますが、やっぱり一番は胸のカップのようです。そう、大きいのです、大きいのです!!ネット上ではEカップと言われていますが、…いやいや、もっとありそうですけどね…。

いつの時代でも胸は男性の夢なのでしょうか。桃圭さんを嫁に選んだ理由はもしかして・・いやいやそんなことはないと思いたいですね。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)