堺雅人の大学や学部はどこ?大学時代に俳優を目指して中退した?

「半沢直樹」での「倍返しだ!」が有名な堺雅人さん。

今回は、堺雅人さんが高学歴だとのウワサがあり、どこの大学出身なのか。大学時代や高校時代のエピソードと共に見ていきたいと思います。

堺雅人の出身大学や学部はどこ?高学歴なの?

 

堺雅人さんは早稲田大学第一文学部中国文学専修出身です。早稲田大学は私立大学のトップで、平均偏差値は65とかなり高い大学です。東大・京大には及ばずとも誰もが認める高学歴の方ですね。

 

今でこそ、泣く子も黙る「堺雅人」さんですが、極貧生活も経験しているそうです

 

バイトしないで食べていけるようになったのは30歳になってから」と語った堺は、貧しい生活を経験したことを明かした。

それでも「野菜は食べなきゃ」という強迫観念から、道端に咲いているタンポポを食べていた時期もあったという。

引用元:エキサイトニュース

 

高学歴だから将来は安泰、というわけではないようです。特に堺雅人さんの場合は、ずっと通産省の官僚を目指して勉強していたそうですし、それがなぜ極貧生活や俳優業に繋がったのでしょうか。

 

堺雅人は国立大学希望だったが、数学が「0点」で不合格!?

 

堺雅人さんは通産省の役員になるため、国立大学(東京大学)が第一志望だったそうです。しかし、入学試験の数学のテストは0点だったそうなのです。

 

数学の証明問題が出た時、全く解けないので短歌を何首か書いて提出したのだそうです。当然、入学試験は不合格になりました。

 

結局、受験科目に数学と理科がない早稲田大学を「記念受験」(学力以上の大学を記念として受ける事)し、早稲田大学第一文学部中国文学専修に合格しました。

 

堺雅人さんは、小学校の時習う算数の「通分」につまずいてから、数学嫌いになった。コメントしています。

 

 

早稲田大学第一文学部ですが、偏差値は67.5~70.5ですが、そもそも入試自体が難しい大学です。

 

早稲田一文は、一時期は東大文学部より入学が難しいと言われ、かつ人気もありました

試験のレベルはもちろんですけど、東大文より圧倒的に競争率が高かった。(東大は共通一次受けなきゃいけなかったけど、一文は3教科だけでよかったんで、文系に特化した変人クラスの受験生がこぞって受験してたと思って下さいw)

もちろん現在の早稲田文学部もその傾向は残っているでしょうね。
相変わらず文学部では私大のトップです。

引用元:Yahoo!知恵袋

 

早稲田大学第一文学部は、東京大学ほどではないにしろ、受験合格するのにはかなり努力が必要な大学だという事です。大学に合格するまでは勉強漬けの毎日だったはずです。

 

堺雅人さんは2015年4月12日に放送された「おしゃれイズム」の中で、ある障害を持っていることを明かしています。

 

 

堺雅人さんはコンビニの釣り銭を間違えたり、右左の判別が出来なかったりするのだそうです。こういった症状を持つ人をゲルストマン症候群と呼ぶそうです。

 

「それはゲルストマン症候群かもしれませんね」と話すのは、総合診療科を持つ大阪の「上本町わたなべクリニック」の渡邊章範先生。

「神経学者のヨーゼフ・ゲルストマンが発見した病気ですが、症状としては、人によって程度の差がありますが、左右がわからない、計算が苦手などの症状があります。脳内に病変が存在することによって起こると考えられている神経疾患です」

引用元:ライブドアニュース

 

仮に堺雅人さんがゲルストマン症候群だったとして、それでも早稲田大学に合格しているのだから、程度は軽い、もしくは人並み以上に努力をされた結果なのでしょう。

 

他の主な症状である書けないとか手指が分からないとかには当てはまりませんしね。こんな症状に悩まされていても、そんな事は表に見せず俳優として一流の仕事をされる堺雅人さんは、俳優の鏡です。

 

堺雅人は中学・高校時代も高学歴だった?

 

堺雅人さんは宮崎県宮崎市出身です。中学・高校ともに高偏差値の学校を卒業しています。それは、人の役に立ちたいと願って、通産省の官僚を目指していたからに他なりません。

 

中学は当時宮崎県トップの国立宮崎大学教育学部付属中学校へ中学受験を受けて入学しています。この学校は中高一貫校のため、そのまま内部進学も出来たはずですが、高校は進学校である宮崎県立宮崎南高等学校へ進学します。

 

運動は苦手だったようで、そのために演劇部に入部していたそうです。

 

はじめて芝居の世界に触れたのは高校1年の時だった。 運動があまり好きではなかった彼は、顧問の先生や上級生がいばってないという理由で 演劇部に入部。

朝補習の「ゼロ時間」から8時間目まである授業の鬱憤を晴らすかのよ うに部活にのめり込んだ。 

 

しかし、高校時代にはまだ俳優になる気持ちは無く、あくまでも国立大学から官僚になることを目指していたようです。大学受験で国立大学に全て不合格になってしまった事で、官僚になる夢は断念したそうです。堺さんにとって、大学受験は大きな転機になった”事件”だったのですね。

 

堺雅人は早稲田大学時代に俳優になるため中退した?

 

堺雅人さんは宮崎県立宮崎南高等学校出身ですが、がんじがらめの授業の中で唯一の楽しみとして「演劇研究会」に所属していたそうです。この時から芝居の魅力に気づきはじめます。早稲田大学に入学してからは、演劇界の名門である早稲田大学演劇研究会に入り、演技力を磨きます。

 

しかし、大学3年の時に俳優になり演技に集中したいと、なんと事後承諾で早稲田大学を中退します。これが原因で両親とは絶縁状態になっていたそうですが、2000年にNHKの朝ドラ「オードリー」に出演した事で和解出来たそうです。

 

堺雅人さんは官僚になることよりも、俳優になる道を自分で決めて実行に移したのですね。本気のほどが伺えます。

 

 

同じ早稲田大学出身の小出伸也さんは、「当時からスターって感じだった」とコメントしています。当時の早稲田大学生からすれば堺雅人さんは、憧れの存在だったのでしょうね。

 

 旗揚げ時から堺とは20年来の盟友で、同劇団を主宰する横山仁一氏が言う。

「野球のイチロー(39)とイメージが重なります。とにかくその道が好きで己の技術を向上させるためなら、あらゆる努力をする

旗揚げした当初から、例えば新しいことをやると『まず僕にやらせてください!』と、必ず1番で手をあげる。即興劇の練習をやっていると、呼んでもいないのに入ってくる(笑)。

そのくせ、仲間や先輩たちに飲みに誘われても、『飲んで演技がうまくなるわけじゃない』と、ほとんど参加しない。超の付くストイックぶりで有名でした」

引用元:ライブドアニュース

 

堺雅人さんのこうした演技力を高めるための姿勢が、今に繋がっているのでしょう。今となっては堺雅人の名前と顔は、誰もが知る状態になりましたよね。ご両親も今の息子さんの姿を見て、安心されているのではないでしょうか。

 

堺雅人が「早稲田のプリンス」と呼ばれた若い頃の画像が見たい?

 

早稲田大学へ入学した堺雅人さんは、演劇の道へ入る事にはかなり悩んだそうです。将来的にも堅く子供の頃からの夢である安定の官僚を目指すこととを天秤にかけて、「演劇研究会」に入る事を選びました。

 

思い切って名門の早稲田「演劇研究会」に入り、1992年には劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加します。劇団では看板俳優として活躍。当時の人気が伺い知れる写真もあります。現在も名誉団員なんだそうですよ。

 

 

当時から変わらぬ演技力を誇る堺雅人さん。当時は「早稲田のプリンス」と呼ばれていました。人気もすごく2000人もの女性ファンを集客したという伝説を持っているほどです。

 

堺雅人さんは、早稲田に育ててもらった。今の堺雅人の大部分は早稲田時代に培ったもの」だと語っていますから、「演劇研究会」時代に培った技術やマインドが、今の俳優としての演技に十分活かされているのだと思います。

 

ちなみに、アカペラグループのゴスペラーズは大学時代の先輩なのだそうです。発声練習など同じ場所でやっていたそうで、おそらく今でも交流があるのではないでしょうか。

 

堺雅人と菅野美穂の馴れ初めは「大奥」の共演から?第2子誕生!子供の性別や名前は?

2019.08.14

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)