沢田研二の息子・澤田一人の今!仕事は何をしているの?【画像あり】

沢田研二さんといえば、1967年に「ザ・タイガース」として「僕のマリー」でデビューして、セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」で人気を博し、1969年にかけて日本で大流行したグループサウンズの流れに乗り、女性に圧倒的な人気を誇った歌手です。

 

「ザ・タイガース」が解散してソロで活動し始めてからも、1973年に発売された「危険なふたり」でオリコン1位を獲得。歌謡大賞歴代最高視聴率47.4%を記録した、第4回日本歌謡大賞を受賞。

 

以降、海外へも進出。愛称の「ジュリー」で親しまれ、歌手として50周年以上音楽界で活躍し続けています。

 

今回は、音楽界のスーパースター・沢田研二さんの息子さんについて調べてみました。

沢田研二の息子は澤田一人!現在仕事は何してるの?画像はある?

 

沢田研二さんは2020年5月現在、1948年6月25日生まれで現在71歳になりますが、2度結婚されています。

 

前妻は「ザ・ピーナッツ」の伊藤エミさん、現在の妻は田中裕子さんです。現在の妻との間には子供はいません。

 

前妻・伊藤エミさんとの間に1979年3月生まれの息子さんが1人います。名前は澤田一人(さわだ かずと)さんと言います。

 

沢田研二さんの息子さんは一般人のため、画像は見当たりませんでした。

 

なぜ、苗字が違うのかといえば、「沢田」が芸名で「澤田」が本名だからです。一般人のため、画像は見つかりませんでした。

 


引用元:yahoo!知恵袋

 

2世タレントが群雄割拠する芸能界ですが、日本のスーパースター・沢田研二さんの息子・澤田一人さんは、今、何をされているのか気になる人は多いようです。

 

結論からいうと、レコード会社で働いているようです。

 

両親はどちらも海外に名前が広まっているほどの歌手ですから、芸能界で活躍してはいなくても、音楽に関する仕事に就いているのは自然なことだと思います。

 

沢田研二さんと伊藤エミさんが離婚したのは、息子さんが8歳の時。父親との思い出は薄くても、母親はきっと父親の事を悪くは伝えていなかったのではないでしょうか。

 

沢田研二は息子と25年ぶりに再会!

 

沢田研二さんは離婚後、息子である澤田一人さんとの交流は無かったようです。

 

澤田一人さんは、離婚前に沢田研二さんが離婚する前にも「お父さんは今日も遅いの?」と母親にたずねていたそうです。

 

離婚後も父親である沢田研二さんに会いたかったようですが、母親の伊藤エミさんに気遣って長年会ってはいなかったようです。

 

しかし、2013年1月24日に行われた「タイガース」の沢田研二さんのファイナルコンサートで、澤田一人さんは会場へ足を運ばれたようです。

 

コンサートを見た息子さんは、舞台で歌う父親の姿を見て涙を流されたようです。

 

そして、両親が離婚した後25年ぶりに楽屋で再会

 

澤田一人さんが父親に会いにいったのは、伊藤エミさんが亡くなったことがきっかけだったようです。詳しくは明らかになっていませんが、母親の伊藤エミさんから「ラストメッセージ」を預かっていて、それを渡しにいったようです。

 

この再会から、途絶えていた親子の縁が復活しているとよいですね。

 

沢田研二の息子は障害者?

 

沢田研二さんの息子・澤田一人さんが障がい者であるというウワサもあるようです。

 

しかし、これは詳しい情報が出ていない芸能人の子供に対して出てくる、あるあるのデマであるようです。

 

見えない姿に、「障害があるから隠しているのではないか」というイメージがあるようですが、芸能人とはいえ一人の親ですから、子供のプライベートを守りたいのは親として当然の心理だと思います。

 

沢田研二の息子の母親「ザ・ピーナッツ」の伊藤エミとの馴れ初めは?

 

沢田研二さんの前妻(澤田一人さんの母親)は、双子姉妹コンビで歌手として世界的に活躍していた「ザ・ピーナッツ」のメンバーでした

 

「ザ・ピーナッツ」は1959年2月11日、「第2回 日劇コーラスパレード」で歌手デビューしてからは、引退まで16年間一貫して渡辺プロダクションに所属して、夜のヒット番組における常連歌手の一組でした。

 

海外でも活躍の場を広げて、当時の東西両ドイツやイタリアでは、日本の歌手といえば即座に「ザ・ピーナッツ」と連想されるほどの人気を博していました。

 

伊藤エミさんは、渡辺プロダクションの急成長の立役者として、晩年まで重役として活動されていたようです。

 


引用元:yahoo!知恵袋

 

 

沢田研二さんと伊藤エミさんの馴れ初めは、詳しく明らかにはなっていません。ただ、結婚当時所属事務所が同じであったため、事務所仲間として出会い、意気投合して交際に繋がったといわれています。

 

伊藤エミさんは沢田研二さんの7つ年上の年上女房でした。

 

伊藤エミさんが1975年4月に芸能界を引退した後、その年の6月に沢田研二さんと結婚し、比叡山延暦寺で式を挙げます。交際期間は6年から7年を経ての結婚だったようです。

 

結婚式直後、6月4日に開催された沢田研二さんの比叡山ライブ(比叡山フリーコンサート)に夫婦揃ってステージに上がって結婚報告を行いましたが、伊藤エミさんがファンの前に姿を見せたのはこれが最後になりました。

 

現在は、姉妹共に他界されていますが、2016年9月7日には生誕75周年を記念して、アルバムが2枚同時発売されるなど、後の世代にも大きな影響を残しています。

 

伊藤エミさんの死因はガンで、ガンである事が判明してから1ヵ月後に亡くなられたそうで、最期は一人さんや妹のユミさんら親族の方々で看取ったようです。

 

伊藤エミさんが2012年6月27日で亡くなってから2週間近くは、情報が外が出てこなかったたため、伊藤エミさんは沢田研二さんと離婚した後、沢田研二さんとの交流はほとんどなかったものと思われます。そのため、沢田研二さんは葬儀には参列していなかったようです。

 

伊藤エミさんの葬儀の際、話題になったのは伊藤エミさんが「澤田姓」のままだったことです。

 


引用元:スマイルのブログ

 

伊藤エミさんは、慰謝料の一部でマンションを購入して不動産賃貸業を行い、生活費に充てていたそうで、歌手として復帰することはありませんでした。

 

それは、沢田研二さんから結婚する際に「歌手を辞めて欲しい」と言われたからなのだそう。また、「子供の姓が変わるのは可哀想」だとも周囲に話していたといいます。

 

一人息子の「一人」さんは、伊藤エミさんが親権を持ち、育てました。

 

離婚してからもその言葉を守り、「澤田姓」を守り、2人の間に生まれた息子を守り、生き抜いた女性。それが伊藤エミさんという女性のようです。

 

嫌いな人の苗字を名乗りたい人はいませんもんね。沢田研二さんのことが嫌いになって別れたわけではないようです。

 

沢田研二さんと離婚した当時、伊藤エミさんに支払われた慰謝料は18億1千8百万円だったそうです。1980年当時の貨幣価値から考えると、現在ではざっと50億くらいになるのではないでしょうか。

 

ほぼ全財産を渡して離婚したような感じでしょうか。ある意味、沢田研二さんは、自分のわがままで離婚することに誠意を見せたともいえます。

 

現在の嫁は略奪婚の末、田中裕子と再婚!

 

沢田研二さんは、伊藤エミさんと離婚した2年後の1989年11月に7歳年下の田中裕子さんと再婚しています。

 

沢田研二さんと田中裕子さんは1982年4月に出会い、1982年末に公開された映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で共演した頃から熱愛がウワサされるようになります

 

1983年の夏ごろには沢田研二さんが田中裕子さんのマンションに向かう姿も目撃されていました。

 

そして1986年8月に沢田研二さんが離婚届を置いて、前妻の伊藤エミさんと息子さんを置いて家を出てしまい、半年ほどはそのまま結婚生活を続けていました

 

しかしその後伊藤エミさんは離婚を承諾、1987年1月7日に正式に離婚が成立します。

 

略奪婚での再婚であるため、田中裕子さんの挙式もひっそりと行われました。1989年11月12日に出雲大社で挙式を行い、初穂料は2万円だったといいます。

 

沢田研二さんが田中裕子さんと出会った頃、多忙のために家に帰る事も無く、伊藤エミさんとの仲は上手くいっていなかったようです。

 

その中で、「男はつらいよ」の恋人役として共演した田中裕子さんに、本気になってしまったようです。

 

沢田研二さんは結婚を渋っていたようですが、田中裕子さんが大河ドラマに出演することになり、私生活にケジメを付けなくてはならなくなったことで、再婚を決意されたようです

 

ただ、この不倫略奪婚を行ったことで多くの女性ファンから見限られてしまい、ファンは激減。常にベストテンに入っていた沢田研二さんの姿は見られなくなりました。

 

田中裕子さんとの間に子供はいませんが、略奪婚であることの償いか、後ろめたさがあったのか、子供は作らないと2人で決めたのかもしれません。

 

世間には、2人の結婚に肯定的な意見もあるようです。

 

まったくのジュリー世代の私ですが、ジュリーもたまらないお気持ちでしょう、とお察しします。

 

妻よりも好きになってしまった人ができた・・・、だからしょうがなかった
当時ジュリーファンだった私は、ジュリーの離婚理由はそれに尽きると思いました。

 

田中裕子さんは、子供の時からのジュリーファンということでしたから、それこそ周りも何も見えなかったでしょう・・しね。

 

この年になると、どうしてあの時もう少し考えなかったのか・・・と思いますが、若気の至りは誰にでもあることで、しょうがないし、人生は後戻りできないですからね

 

かわいそうだけど、でも有難いことに、普通のオッサンにはなれないし、なってもいけないのがジュリーの宿命ですよ。

引用元:yahoo!知恵袋

 

元々、田中裕子さんは沢田研二さんのファンで、沢田研二さんも好きなタイプとして雑誌でコメントしていたそうですから、ある意味両想いだったのかもしれません。

 

 

沢田研二さんが惚れた、田中裕子さんの魅力はどんなものだったのかを詳しく答えた意見があったので、引用したいと思います。

 

田中裕子さんってね、実際、お会いになれば(男ならば)わかるんですが、すっごく魅力的なんですよ。。

 

プロポーションはよく知りませんけど(好み好みがあるでしょうけど、まずまず普通でしょう、、)そして、何より、あの表情の素晴らしさ、アイコンタクトから溢れでる暖かさ、、男を安住の世界へと引き込んでいってくれますぅ。。

 

(男はね、今時の『パチクリ・キリっとした大きな目』の女性も綺麗ですけど、安住の世界とはちがいますでしょ?田中裕子さんのあのちょっと細目で笑みを浮かべた表情(感じ)を思い浮かべてみてください。)

 

(私なんか、以前、そっくりな方が居られたので、結婚お願いしようかな~なんて その人を知った他の人に尋ねたら、もう、高校・大学へ行ってらっしゃるお子さんが2人おられますよ~(笑)^^;)と云われて、がっかりしたような、納得するやらでした。。トホホ。。)

 

彼女の場合、一般に言う、フェロモンではないような気がします。

引用元:yahoo!知恵袋

 

沢田研二さんは、田中裕子さんを度々自分の冠番組に田中裕子さんを招いて、話す機会を作っていたようです。

 

そのためか、田中裕子さんは伊藤エミさんに「いつか必ず彼と一緒になる」と宣戦布告までしていたそうです。沢田研二さんもそれに乗っかり、マスコミに対して不倫を認める発言もしていたようですね。

 

伊藤エミさんとしては、「離婚せざるを得ない状況だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.