高橋秀樹の自宅の場所はどこ?娘に「豪邸」を贈ったってホント!?

高橋秀樹さんといえば「桃太郎侍」「三匹が斬る!」「遠山の金さん」などの時代劇俳優として活躍し、現在ではバラエティーの顔として活躍されている、言わずと知れた大物俳優です。

 

俳優の傍ら書家や作家としても活動していて、日本画と書道の個展を各地で開催しているなど、芸術家としての一面も持つ、多才な人物でもあります。

 

今回は、高橋秀樹さんの自宅はどこにあるのか、豪邸の断捨離を行った、など気になる話を調べてみました。

高橋秀樹の自宅は品川区五反田の島津山エリア!?


引用元:「東京散歩」と「踏ん張り投資」

 

誰もが認める大物俳優・高橋英樹さんの自宅はどこにあるのか、気になる人も多いはず。

 

ズバリ、自宅は東京都品川区東五反田の「島津山エリア」!

 

JR山手線「目黒駅」から「品川駅」までの一角にある高級住宅街です。「東五反田」は「池田山・島津山・花房山」など通称で呼ばれています。つまり住所として「島津山」という地名があるわけではありません

 

高橋英樹さんの嫁・小林亜希子(高橋恵美子)さんの姿が多く目撃され、高橋英樹さんはこの島津山エリアにあるフレンチレストラン「ヌキテパ」へ時々訪れて食事しているようです。

 


引用元:Googleマップ

 

高橋英樹さんの自宅は一軒家で、時代劇「桃太郎侍」になぞらえて、「桃太郎御殿」と呼ばれているのだとか。徒歩で通える距離に自宅は存在しているのは確実ですね!

 

高橋秀樹の実家はどこだったの?

 

高橋英樹さんの実家は、千葉県木更津市にあるようです。

 

父親は校長を務めた高校教師、母親は105歳まで生きられた方だそうで、やはり教師であったようです。

 

4人兄弟の末っ子で、9歳年上の姉、8歳年上の姉、6歳年上の兄、そして高橋英樹さんという、可愛がられないわけがない歳の差で生まれた弟として育ったようですね。

 

高橋秀樹は終活で断捨離を決行!


引用元:スピカ紀行

 

高橋英樹さんは、2004年にフジテレビにアナウンサーとして入社して2013年に退社し、フリーアナウンサーとして活動している、高橋秀樹さんの長女・真麻さんの一言がきっかけになり、断捨離を行ったそうです。

 

真麻さんは、家に溜まっていく服や家財に耐えかねていたようで。強烈な一言を父親に放ちます。

 

あなたが死んだら、全部ゴミ

 

・・娘とはいえ、遠慮無さすぎる一言ですね。

 


引用元:くらため帖

 

そして、高橋英樹さんは断捨離を決行!

 

高橋英樹さんは、3ヵ月半という期間を使って、切り株以外何もかもを断捨離されたそうで、なんと4トントラックが8往復しなければならないほどだったそうです。

 

その内訳は、「スーツ1000着」、「本1500冊」、「VHSテープ1000本」、「DVD約1000枚」など、処分した総量は33トン、総額は1億円だったそうです。

 

自宅は6LDKの大豪邸

 

これだけの総量が自宅に収容されていたということは、それだけ一部屋の広さは相当なモノであることが伺えます。一説には100坪を超えていて、土地代だけで3億円であるといわれています。

 

そもそも五反田は高級住宅地ですから、土地の値段もそれ相応の値段です。

 

それを維持管理するだけの資産があるということですから、それ相応の金額は稼いでいるということになりますね。

 

高橋秀樹の年収は〇億円!?

 

愛する娘のために4000万円以上の金額を即金で払える大物俳優・高橋英樹さんの年収はどれくらいなのか、気になったので、触れておきたいと思います。

 

実は、高橋英樹さんの年収は明らかにされていません

 

ただ、過去に1億円の借金を抱え、それを全て返済した上で自宅は五反田にあり、娘の真麻さんに自宅を贈ったことや、断捨離した資産総額を考えると、1億円はくだらないはずだと想像出来ます。

 

借金に関しては、高橋英樹さんの娘・真麻さんが「スッキリ!」に出演していた時に話していることで、本人が話したわけではありませんが、1億円を返済するには1億円以上の稼ぎが必要ですよね。

 

と、なると年収は1億円以上でしょう。ネット上では30代後半時点で年収は数千万円で、現在では3億円から5億円ではないかという説が有力なようです。

 

ただ、現実問題として税金を支払えば、意外と手元に残るお金は思う以上に少ないはずですし、羽振りも良いらしいですから、実はそれほどお金持ちというわけではないのかもしれません。

 

それでも一般人よりは、良い生活をされているのは間違いありません。

 

高橋秀樹は娘・真麻に8000万円の自宅を贈ったってホント!?

 

断捨離を行うきっかけになった娘の真麻さんに対して、高橋英樹さんはなんと豪邸を贈ったそうです!

 

高橋真麻さんは、2018年12月22日に一般人の男性と結婚し、2020年5月1日に第1子の出産を報告しています。

 

真麻アナが暮らす都内にあるタワーマンションの高層階の一室は、自身が5分の3、父親が5分の2の名義で8000万円以上もする高級物件にもかかわらず即金で購入

引用元:エキサイトニュース

 

総額の半分を出し合い、結婚前の準備のために購入したのであろう自宅は8000万円以上だそうです。このマンションは五反田にあったようです。

 

これは2012年頃の話ですが、実際に真麻さんが結婚したことによって事情が変わったようです。

 

現在、高橋秀樹さんは、五反田にある自宅をリノベーションして、娘・真麻さん夫婦と二世帯住宅で暮らし始めているようです。

 

豪邸は高橋英樹(75)が、40年前に建築した物件だった。100坪ほどの土地に、3階建ての住宅は延べ床面積約300平方メートル。4人で住むのでも“広すぎる”ほどだ

 

真麻さんとご主人は、ご両親と二世帯同居をスタートしたそうです。お父さんの英樹さんの強いご希望があったと聞いています」(高橋家の知人)

 

両親のスペースも、私たちのスペースも、それぞれプライバシーは守られるようになっているんです。お互いがあまり干渉しすぎずに、いい距離感を保てていると思いますよ。

 

ただ一つ言えるのは、両親とはいっしょの家で暮らしていますが、私はもうS家の人間だと言うことです。そう、S家の嫁ですので! ではこれで失礼します」

引用元:女性自身

 

高橋英樹さんはずっと2世帯住宅を建てて、娘(夫婦)と一緒に生きたいと願っていたようです。

 

ついに娘夫婦と孫と一緒に暮らすという夢を実現させた高橋英樹さんですが、娘の真麻さん自身は本当は旦那さんと新しい住居で子供と親子水入らずで暮らしたかったのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.