田中将大の嫁・里田まいとの馴れ初めは?結婚式はハワイで挙げた?

メジャーリーガーとして活躍している田中将大さん。

今回は嫁の馴れ初めと子供について注目してみたいと思います。

田中将大と里田まいの馴れ初めは正月特番?

出会いは、“プロ野球選手の運動会”だった。2009年12月3日に大阪城ホールで収録が行われた日本テレビ系の正月特番「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」に、田中は楽天代表として出場。里田が司会を務めており、関係者によれば、この番組共演をきっかけに親交を深めた。

里田がマー君のことを好きだと知った遠藤が、連絡先を渡すようにすすめたのだが、「妻が直接渡せないからって、遠藤さんに連絡先を渡して」キューピッド役になったのだという。そしてその日のうちに田中から里田にメールを送り、2010年初旬に交際に発展していった。

2010年中盤に田中将大が右大胸筋部分断裂の重症。本人は怪我が治ってプロとして大丈夫か不安な時に仙台に通って励ましてくれたのが里田まいだった。

2010年年末に2人同時に交際宣言をして、2012年1月に婚約発表を行った。2012年3月20日に正式に婚姻届を提出した。

なんだか微笑ましいエピソードが満載ですね。元々里田まいさんは田中将大さんの大ファンだったそうです。結婚を決めた理由はおそらく仙台の頃でしょうね。弱った時に励ましてくれた人は、心の支えになるものですから。

 

田中将大と里田まいの結婚式はハワイで挙げた?

田中将大さんと里田まいさんは2012年12月11日にハワイで結婚式を行いました。

プロ野球・東北楽天の田中将大投手(24)とタレントの里田まい(28)が11日午前(現地時間10日午前)、ハワイで挙式した。天候に恵まれ、終始笑顔でとても楽しい明るい挙式になったという。

この結婚後、第3回WBC日本代表選手に選ばれ、メジャーへの道を選ぶことを決意された田中さん。里田さんとの結婚は、大きな飛躍のきっかけになったようです。

 

田中将大と里田まいの仲良しエピソードを紹介。

里田はこの日、素敵なマンゴータルトを手にした夫婦の仲睦まじいショットを投稿「記念日ではないけれど、なんとなくサプライズね」と、里田が夫を驚かせるために用意したもののようで、田中投手もInstagramで「大阪での仕事を終えて家に帰ると…。まさかのサプライズで素敵なマンゴータルトが!!」「見て楽しめて、味もまた絶品でした」と嬉しそうにつづった。

これにファンからは「幸せそうで微笑ましい」「素敵な夫婦すぎます」「なんて素敵な。憧れです」「自然な笑顔、幸せが溢れ出てる感じが最高ですね!」などの声が寄せられている。

こんな風に、とても仲睦まじい姿がインスタグラムにはたくさんUPされています。とくに里田さんの笑顔が本当に幸せそうですよね。

 

田中将大の嫁・里田まいは結婚後に資格を取得?

一昨年にジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得している。交際前は米のとぎ方も分からなかったというが、今ではアスリートの身体づくりに効果的な鶏肉料理のレパートリーをたくさん持っているという。

ジュニア・アスリートフードマイスターというのは、日本野菜ソムリエ協会が運営している資格で、合格率は85%だそうです。

アスリートは身体が資本ですから、その体を構成するのは毎日の食事だという事で、食事や生活面で田中将大さんのサポートをしているようです。

「いろいろ考えて作ってもらって、本当に何でもおいしい。料理の腕はうまいなと思います」とインタビューでにっこり。

食生活が日本のときと変わらなかったのは本当に大きい。妻のおかげで勝つことが出来ている」とコメントしています。

里田まいさんが資格を取り、日々の積み重ねの結果が上記の画像です。プロ顔負けの料理だと思いますね。

 

田中将大と里田まいの子供の名前や誕生日は?

2016年2月15日に里田まいがニューヨーク市内の病院で出産したことをアメブロで報告。

2月15日(月)午後1時36分【アメリカ東部時間】に3,360グラムの男の子が生まれました。母子ともに健康です。沢山の方々に支えていただいたおかげで、無事出産することが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

子供の誕生日は2月15日なのですね。NYで生まれているので、子供はアメリカ国籍を持つことになりますね。田中将大さんの子供の名前ですが、現在も公表はされていません。将来大きくなって甲子園で名前が分かったら、感動的ですよね。

 

田中将大の子供は足のサイズが大きい?体重もすごい?

1歳9カ月になる息子の足の写真を自身のInstagramに公開しました。一見かわいらしい足ですが、約16センチという年齢の割に巨大なサイズに、ファンからは驚きの声があがっています。

里田さんは、「新しいサイズに~。子供の足はすぐに大きくなりますね」とのコメントとともに、新調したという靴を履いた息子の足の写真を公開。夫でメジャーリーガーの田中将大さんが188センチという巨躯(きょく)の持ち主ということもあって、パパに似てすくすくと大きく成長しているようです。

写真ではなかなか分かりづらいですが、おそらく他の子供と一緒にいたら、ひときわ目立つ大きさなのではないでしょうか。

 

田中将大の子供時代はどんな子だった?

田中将大さんは小学生時代、巨人の坂本選手とバッテリーを組んでいました伊丹市立昆陽里小学校1年時に軟式少年野球チーム「昆陽里タイガース」で野球を始めた田中投手。

打撃練習では、同じ方角にある校舎の窓を直撃しかけたといいます昔は、バッターとして活躍してたんですね。小学校時代の最高成績は6年時の県大会準優勝。

伊丹市立松崎中学校時代にボーイズリーグの「宝塚ボーイズ」に入りこの頃から硬式野球を初めた。そして、強肩を買われていた田中投手はピッチャーも兼任するようになった。めちゃくちゃ熱心に練習するので、常に周りから怖がられていたそうです

宝塚ボーイズに入っていなかったら、今の自分はない」と後に田中自身が語るほど、ここでの経験が大きな財産になったという。

本物は本物と引き合うのでしょうか。練習の熱心さに負けん気がプラスされ、誰もが知るメジャーリーガーになる素養は、小学生・中学生時代にあったのですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)