豊川悦司の若い頃はイケメンでかっこいい!それなのに離婚歴が2回あるのはなぜ!?

豊川悦司さんといえば、ドラマ・映画・CMに多数出演していて、日本を代表する俳優ですね。

 

現在の豊川悦司さんは、ダンディで渋いイメージがありますが、実は若い頃は誰もが振り向くイケメンだったというウワサです。

 

そこで今回は、豊川悦司さんの若い頃と結婚と離婚について見ていきたいと思います。

豊川悦司の若い頃は誰もが振り向く「イケメン」だった!

 

豊川悦司さんは、2019年6月1日に公開された映画「パラダイス・ネクスト」で、妻夫木聡さんとのW主演で注目を集めていました。1日のうち18時間以上も毎日一緒にいたそうで、2人の信頼感を感じますね。

 

俳優として円熟味を増している豊川悦司さんですが、若い頃はとてもイケメンだったと話題です。

 

数あるドラマの中から、3作品を紹介したいと思います。

 

「愛しているといってくれ」

 

豊川悦司さんの代表作といえば、「愛していると言ってくれ」でしょう。

 

1995年7月から9月までTBS系で放送されたテレビドラマで、聴覚障害者役の豊川悦司さんと女優の卵役の常盤貴子さんのW主演で人気を博したラブストーリーです。

 

 

このドラマで豊川悦司さんは第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞を受賞し、もう一人の主役・常盤貴子さんは1995年度・エランドール賞新人大賞を受賞しました。

 

平均視聴率は21.3%、最終話で最高視聴率28.1%を記録しました。

 

主題歌の「LOVE LOVE LOVE」(DREAMS COME TRUE)は売上が約250万枚の大ヒット。この年の年間オリコンチャートで第1位を記録しています。

 

八つ墓村


引用元:bing画像

 

横溝正史原作の長編推理小説「八つ墓村」を元に、1996年10月26日に映画公開された日本映画。

 

「八つ墓村」のモデルとなったのは、実在した岡山県津山市で起きた凶悪事件だといわれています。

 

最近でも別の県で人数は少ないですが、同じような事件が起こっていました。限界集落という場所にある、なんとも言い難い空気がこんな事件を引き起こしてしまうのでしょうか。

 

青い鳥

 

1997年10月から12月までTBS系で放送されたテレビドラマ「青い鳥」。

 

長野県諏訪地方にある架空の駅「清澄駅」(信濃境駅)で働く主人公・柴田理森を演じる豊川悦司さんと、数奇な運命に翻弄されるヒロイン・町村かほりを演じる夏川結衣さんとの演技が注目を集めました。

 

 

逃避行の末、濡れ衣を着せられ、服役。最終的に、ヒロインの娘と結ばれるという衝撃的で深い人間ドラマが紡がれました。

 

豊川悦司は事実婚・結婚を3度も経験している!

 

若い頃からイケメンだった豊川悦司さんは、結婚と離婚を繰り返しています

 

傾向として、自分よりも一回り以上若い女性ということが挙げられます。

 

豊川悦司さんの選んだ女性がどんな人たちなのか、まとめてみました。

 

豊川悦司の結婚その①:14歳年下の女優「小島聖」

 

1992年10月から1993年3月までフジテレビ系で放送された、SF特撮テレビドラマ「NIGHT HEAD」で霧原直人役として豊川悦司さんが演じ、1994年に劇場版が公開されました。

 

映画「NIGHT HEAD 劇場版」で共演したことで交際に発展し、熱愛交際が1995年に発覚。豊川悦司さんの自宅で同棲を始めていたといいます。

 

 

買い物をしたり、ゴミ出しをする2人の姿が目撃されることが増え、事実婚の状態であったそうですが、1997年の夏に破局したことが報道されます。

 

破局報道から結婚報道までが、たった4ヶ月だということを考えると、破局の原因は「豊川悦司さんが別の人との結婚を選んだため」だと思われます。

 

豊川悦司の結婚その②:11歳年下のヘアメイク担当の「一般人」

 

豊川悦司さんは、代表作である「愛していると言ってくれ」や「青い鳥」でメイクを担当していた一般人の女性と1997年12月24日に結婚

 

 

1998年に長女、2000年に長男が誕生しますが、2005年に豊川悦司さんは、現在の嫁との不倫疑惑が「フライデー」されます。

 

報道後、豊川悦司さんは別居生活を始め、夫婦仲は修復不可能になり、2005年12月31日に離婚に至りました。なんと支払う慰藉料は1億円、養育費は月100万円とも言われています。

 

不倫が原因で相手に支払われる慰謝料は相場が200万円から300万円といわれていますから、それだけ桁違いのお金を支払ってでも、どうしても離婚したかったのでしょうね・・。

 

離婚後、子供の親権は母親が持つことになりました。

 

豊川悦司の結婚その③:13歳年下の元エステティシャン

 

2015年5月に、豊川悦司さんの再婚が報じられます。相手は離婚の原因にもなった、13歳年下の元エステティシャンでした。

 

この再婚相手とは、前妻の婚姻期間中である2003年の秋頃からの付き合いになるそうです。

 

 

前妻と別居した後は、再婚相手と同棲を始めていて、2010年には神奈川県鎌倉市へ移住して、事実婚状態のまま関係を継続していました。

 

お互いにサーフィンが好きだそうで、神奈川県へ引っ越しをしたようです。

 

2015年4月30日に、「女性セブン」が2015年2月頃に再婚相手が未入籍のまま女の子を出産したことを報道します。

 

2015年3月に「女性自身」からインタビューを受けた時は、「子供たちが納得するまで再婚は待ちたい」とコメントしていましたが、2015年5月21日に発売された「女性自身」では一転、こんなコメントを出しています。

 

「彼女と入籍していないとか、認知もしていないように書いてありましたけれど、あれはまったく記事が間違っているんです。

 

きちんと子供が生まれる前に、彼女と籍を入れさせてもらいました。それはもう、彼女のためにも子供のためにも、きちんと済ませてあります。1人の社会人として、きっちりやらせてもらいました」

引用元:ヱントピ

 

2015年3月にコメントしていたこととは矛盾するように思いますが、新しい命が生まれる事で、未入籍ではなく入籍はしておかないといけないと決断したのかもしれません。

 

ただ、今までの女性関係を考えると、未来は不透明な気がしますが、2020年5月現在まで不倫報道も離婚報道もないことを考えると、現在は再婚相手に落ち着いているのでしょう。

 

豊川悦司の子供は何人いるの?

 

豊川悦司さんには、3人の子供がいることになります。

 

前妻の「メイク担当」だった女性との間に2人、現在の嫁との間に1人ということですね。

 

2020年には、1998年に誕生した長女は22歳、2000年に誕生した長男は20歳、異母兄弟である次女は2015年2月に誕生しているので、5歳ということになります。

 

前妻との子供たちはすでに成人を迎えているのですね。芸能活動をしているという情報は出ていないので、芸能活動はしていないのだと思われます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.