和田アキ子は眼瞼下垂?手術に失敗して顔が変わった?2019年現在の目の状態は?

和田アキ子さんといえば、芸能界のご意見番として知られていますね。日本中の誰もが知る和田アキ子さんですが、最近なんだか顔が変化していると話題になっています。

 

そこで今回は、和田アキ子さんの顔の変化の原因と、過去と現在の様子について注目してみたいと思います。

和田アキ子の顔が変わった・目が違う・目が変わったとのウワサ!画像で比較!

 

アキ子さんの顔が変わったとか、目が変だとか、顔の変化が目立つと話題になっているようです。そこでネットの声を拾ってみました。

 

 

皆さん、和田アキ子さんの目を心配している様子ですね。それでは実際の和田アキ子さんの過去の画像と現在を比較して、どう違うのか見てみます。

 

 

言われてみると瞼が下に下がって顔全体が変化しているようにも見えます。では現在の和田アキ子さんの顔はどんな感じなのでしょうか。

 

 

こちらは2019年4月5日に自身のインスタに投稿された写真です。目がぱっちりとしているのがよく分かりますね。目の異変の原因にはいくつかの説があり、まずは病気や年齢のせいではないか、というものです。

 

和田アキ子の目の異変はシェーグレン症候群や年齢のせい?

 

和田アキ子さんは、日本放送系「ゴットアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」の放送の中で、シェーグレン症候群という病気であることを告白されています。

 

シェーグレン症候群は膠原病の一種で、涙や唾液を作りだしている涙腺、唾液腺などの外分泌腺に慢性的に炎症が生じ、涙や唾液の分泌が低下、乾燥症状を呈する自己免疫性疾患です。

引用元:東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター

 

身体が水分不足になり、ドライアイ・ドライマウスになりやすく、いつも水が手放せなくなる国の難病指定されている病気です。

 

これが目の変化や顔が変わったと言われる原因ではないかとの説もあるようですが、これは医学的根拠がありません。

 

和田アキ子さんは、「加齢性眼瞼下垂症」という、年齢を重ねた人に自然に起きる症状だったようです。

 

和田アキ子はアッコにおまかせで「眼瞼下垂目」手術を受けた事を報告!

 

和田アキ子さんは、「眼瞼下垂」(がんけんかすい)という病気の治療のために手術を受けた事を、2018年12月2日の「アッコにおまかせ」で告白しました。

 

2年前から視野が狭くなっていると実感があり、眼科に行くと視力に問題があるのではなく、瞼がさがり、黒目に重なる事で視野が狭くなっていたそうです。

 

手術で視野は広げる事が出来るとの診断を受けましたが、顔の腫れなどの後遺症が気になり、すぐには手術をせずに、撮影の時には目を見開くようにして対応していたところ、ひどい頭痛が起きるようになってしまい、手術に踏み切ったそうです。

 

この手術は、和田アキ子さんだけではなく、宮根誠司さんや高畑淳子さん、梅沢富美男さんなど、中高年の芸能人が受けています。

 

和田アキ子の手術は失敗?手術後2019年現在の目の状態は?

 

手術後の和田アキ子さんですが、手術に失敗したのではないかと話題になっています。

 

「自分の中で目の眼瞼下垂の手術がちょっと私、気に入らなくてまだ痛いんですよ。去年の11月に手術したのに

引用元:niftyニュース

 

痛みがあるので、2019年5月時点でのコメントでは、痛み止めを飲みながら仕事をしている様子がうかがえます。また、和田アキ子さんはこのようにも発言しています。

 

「眼瞼下垂って普通、眉の下ちょこっと切って上あげればいいんだけど、私の場合は加齢もあって、縫わなきゃダメですってていうところがハッキリしないところもあって、歯磨きしても顔を洗っても自分で見るじゃない、タオルで顔拭いたら痛いし、憂鬱で

あと1年ぐらいしたら今、形成だったけど、整形で治したいなって。今傷痕を治す整形もあるんだって、そういうのをやって欲しいなって、ずっとそれで悩んでいて」

引用元:niftyニュース

 

治療がうまくいってないので、整形で対処する意向のようです。瞼の痛みが残っているというのは心配ですね。和田アキ子さんの顔の変化は、もうしばらく続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)