渡辺美奈代の旦那・矢島晶樹の職業は実業家?浮気で離婚危機?

元おニャン子クラブの渡辺美奈代さん。最近はタレントとして活動されていますね。今回は渡辺美奈代さんの旦那の仕事や病気、浮気のウワサについて調べてみました。

渡辺美奈代の旦那の職業は実業家?仕事の内容は?

渡辺美奈代さんは1996年に矢島晶樹さんと結婚しています。元郷ひろみの付き人でロカビリーバンド「ホットソックス」のメインボーカルだった人物です。

当時、同じ芸能事務所に所属していた郷ひろみさんと今の夫とが知り合いで、そのつながりで度々会う事が増えて交際に至ったそうです。

その後、旦那さんはバンドを解散した後は芸能活動をしていないようですが、1991年頃に「六本木どうする」というカラオケバーを経営(現在は閉店)されたり、飲食店ネイルサロン、アパレル裏原宿でレストラン「月に光」などを経営されたりと、実業家として活動されたようですね。

そして現在では、渡辺美奈代さんがプロデュースする、輸入家具ミオーダーチェア専門「Kaguya-Hime374(かぐや姫ミナヨ) 白金台」を運営する有限会社ワイジェイエムの社長へ就任。一時期は無職になり、渡辺美奈代さんが生活の面倒を見ていた事もあったようです。

 

渡辺美奈代の旦那が浮気で離婚危機?

渡辺美奈代さんの旦那さんがプロデュースしている、六本木の「SPAGOLDJAPAN」というサロンで、従業員を旦那さん自身が面接して浮気相手を選んでいるというウワサがあり、女性と関わる仕事である以上は節度を持って仕事をしてほしいですよね。

実は、旦那さんが浮気をしていたことは間違いないのです。なぜなら子供が生まれてすぐに浮気が発覚。浮気相手から実際に嫌がらせの電話が頻繁にかかってきて、美奈代さんが精神的に参ってしまったというのです。

美奈代さんは「浮気相手とキッチリ話をつけて欲しい」と懇願。その後にも浮気は絶えず、現在は浮気をするたびにブランドバッグやコートを買ってきてもらう事で、許しているようです。

しかしこれでは、旦那は美奈代さんにブランド物を与えれば浮気し放題になってしまう気がするのですが。これでは浮気公認といわれるのも仕方ないかもしれません。

 

渡辺美奈代の旦那の年齢は?画像あり

渡辺美奈代さんの旦那、矢島晶樹さんは1962年12月4日生まれの56歳。ちなみに渡辺美奈代さんは1969年9月28日生まれで49歳になります。どちらもその歳だとは思えない若さがありますね。これだけイケメンだと寄ってくる女性は多いように思います。

 

渡辺美奈代の旦那が手術で入院?病名は?

2017年11月に、渡辺美奈代さんの旦那さんが入院していたことがあります。手術も受けたようなのですが、一体何の病気だったのでしょうか。

夫から「なかなか人に相談しにくい病気でもあり、僕のようにならない為にも早めの検査、、、そして治療する勇気を」と助言をもらい、公表に踏み切ることにしたと明かした。

主人の病名は『複雑痔瘻(ふくざつじろう)』」

「初めは痔?と聞いてそんなに重い病気じゃないと思っていたのですが、先生にお話を聞くと、痔瘻も癌化する事もあり、根がもっと広がってしまったら最悪、人工肛門になります…とお聞きし手術することになりました」と、油断できない病気であると説明。

皆さんには何かおかしい、、、痛い、、、と感じたら、早めに専門医院で診察して頂けたらと思います」と呼びかけていた。

あまりにデリケートな部分なので旦那さんは10年以上も我慢していたようで、ついに手術しなくてはならなくなってしまったようです。痔瘻とはどんな病気なんでしょうか。

痔瘻とは、直腸、肛門部分の感染症で、たまった膿が難治性の管を作ってしまう症状。基本的に手術でなければ完治は難しいと言われている。

症状としては、肛門周囲の痛みを伴い、発熱をすることもあります。切開するか、自然に皮膚を突き破る(2次口)ことで、膿が出ると、痛みなどの症状は軽快します

その後、多くの場合、直腸から皮膚までのトンネルが残ります。このトンネルのことを『痔瘻』といいます。

痔瘻の入り口(1次口)と出口(2次口)が同じ方向にあるものを「単純痔瘻」、枝分かれしたり、違う方向にあるものを「複雑痔瘻」と言います

口内炎でも痛いのに、それが肛門や直腸付近に出来て膿が出るなんて、想像するだけで痛いですね。痔瘻は自然治癒しないのが特徴のようです。おかしいと思ったら恥ずかしがらずに病院直行ですね。

 

渡辺美奈代の旦那さんの実家は岐阜?

渡辺美奈代の旦那、矢島晶樹の実家は「株式会社 矢島家具」という岐阜県にある家具インテリアの総合商社。

なんだそうです。美奈代さんが手掛けている輸入家具専門の会社を経営するのに、旦那の実家の手助けが大いにある事は想像出来ますね。経営が続いているのは、美奈代さんのブランド力、創業1932年の積み上げてきた実家の経営術が上手く噛み合った結果なのでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)